スカイラインGT-Rは未だ現役・HKSプレミアムデイ開催(その2)

 毎年恒例となってきた「HKS PREMIUM DAY」。今年も1月25日に富士スピードウェイで開催された。

イベント広場で行われた「CUSTOMIZED-CAR CARNIVAL(HCC)」。チューニングカーだけでなく、ドレスアップカーまで含めた幅広いカスタマイズカーが勢揃い。魅せるチューニングも所有欲を高める大事な要素だ
イベント広場で行われた「CUSTOMIZED-CAR CARNIVAL(HCC)」。チューニングカーだけでなく、ドレスアップカーまで含めた幅広いカスタマイズカーが勢揃い。魅せるチューニングも所有欲を高める大事な要素だ

 収穫の多かった今年の「HKS PREMIUM DAY」だが、その一番の注目ポイントはRB26DETT型エンジン系のパーツの新規開発だ。

 このエンジンを搭載するのは、平成元年登場し、最も古いモノであるとすでに生産開始から26年が経過したR32型スカイラインGT−R。発売から四半世紀を超えたクルマの商品開発が改めて行われることはHKSでも異例のことだという。

 特に今回は周辺パーツだけでなく、エンジンブロックなどエンジン本体に着手することが発表され、R32/R33/R34といった名車スカイラインGT−Rと今後も向き合って行く姿勢は現在所有するオーナーにとっては朗報だ。

写真左がHKSテクニカルファクトリー号で、その右がKansaiサービス号。R35ではこの2台が抜きん出たタイムを刻むが、クラス最速は前者が記録。1分41秒743は昨年このイベントで刻んだタイムを約2秒半も上回る
写真左がHKSテクニカルファクトリー号で、その右がKansaiサービス号。R35ではこの2台が抜きん出たタイムを刻むが、クラス最速は前者が記録。1分41秒743は昨年このイベントで刻んだタイムを2.308秒も上回る
R35クラス最速を獲得し、ドライバーである谷口信輝選手とガッチリと握手を交わす、HKSテクニカルファクトリーの菊池良雅代表。ちなみに谷口選手はドライブしたすべてのクルマで、ベストタイムを更新した
R35クラス最速を獲得し、ドライバーである谷口信輝選手とガッチリと握手を交わす、HKSテクニカルファクトリーの菊池良雅代表。ちなみに谷口選手はドライブしたすべてのクルマで、ベストタイムを更新した

 チューニングショップが本コースのタイムを競う「OPTION FUJI SUPER LAP」でもGT−R勢がトップクラスの速さを刻む。
R35GT-Rクラスは、HKSテクニカルファクトリーとkansaiサービス、4WD・SタイヤクラスのスカイラインGT−R(R32/R33/R34)はATTKDオーテック(R32)とガレージ伊藤(R34)の一騎打ちの様相となった。
R35GT-Rクラスはともに1000psオーバーでスペックも拮抗していたが、1分42秒752のkansaiサービスに対して1分41秒743を記録したHKSテクニカルファクトリーに軍配。

  

  

ATTKDオーテックのR32。床面までフラットにすることでグランドエフェクト効果を発揮し、ダウンフォースを稼ぐ。これにより、コーナーリング性能が大幅向上し、4輪駆動Sタイヤクラスで最速タイムを刻む
ATTKDオーテックのR32。床面までフラットにすることでグランドエフェクト効果を発揮し、ダウンフォースを稼ぐ。これにより、コーナーリング性能が大幅向上し、4WD・Sタイヤクラスで最速タイムを刻む
ATTKDオーテックと4輪駆動Sタイヤクラス最速を争ったガレージ伊藤のR34。徹底的した補強を加えながら、ボディはノーマルよりも200kg軽量化。最後まで果敢に走行を続けたが、0.583秒及ばずクラス2位
ATTKDオーテックと4WD・Sタイヤクラス最速を争ったガレージ伊藤のR34。徹底的した補強を加えながら、車重はノーマルより約200kg軽量化。最後まで果敢に走行を続けたが、0.583秒及ばずクラス2位

 スカイラインGT−R(R32/R33/R34)の対決はパワーが650ps、車重も1300kg台とこちらもほぼ拮抗。空力を味方につけたATTKDオーテックが1分40秒925で、1分41秒508のガレージ伊藤を振り切った。
ちなみに、最新のR35GT-Rより型式の古いスカイラインGT−Rのほうがパワーも少なく、速いという点にも注目。

 R35GT-Rチューニングの熟成により、そのタイム差は年々縮まりつつあるが、チューニングはトータルバランス。スカイラインGT−Rの実力もまだまだ一線級ということだ。
そのようなGT−R勢の争いを尻目に、ラジアルタイヤクラスでトップに立ったのがトップフュ−エルのS2000ターボ。
800ps/1120kgの軽量ハイパワーをVOLTEX製のフルエアロでコントロールするFRマシンが1分39秒121の驚異的なタイムを記録。果たしてGT−R勢はこのタイムに迫れるか。来年はさらに激しさが増しそうだ。

HKSプレミアムデイ(その1)>>>>

HKプレミアムデイ(その3)>>>>

画像ギャラリー