Ferrari本社マラネッロから突如アナウンスされた488GTB

Ferrari本社マラネッロから突如アナウンスされた488GTB

 458イタリアをベースに、過激なモデルをフェラーリはジュネーブショー(プレスデーは3月2〜4日、一般公開は5〜15日)に投入する。そのモデルがFerrari488GTB(Bはベルリネッタの略でクーペボディの意味)だ。

【関連記事】レーシングドライバーすら陶酔! クルマ好きなら一生に一度は「所有してほしい」2台のモデルとは

trequarti_bassoこのネーミングから想像するとパワーユニットはNA4.8Lエンジンかと思われたが、実は3.9LV8エンジンをツインターボで武装するというF40以来のミッドシップ過給エンジンが搭載されている。さらにそのスペックが過激に過ぎる数値なのだ。

3.9LV8ツインターボは670ps/760N・m

488 Motore_010-100km/h加速を3秒、0-200km/h加速では8.3秒(!)という超ド級の加速性能は、488GTBが誇る492kW(670PS)/8000rpmの圧倒的な最高出力と760N・m/3000rpmを絞り出す最大トルクが叩き出すスペックの恩恵だけではない。
空気抵抗の徹底的な低減や50%増となったダウンフォースを得たエアロダイナミクスボディ、さらに最新鋭電子デバイスなど、フェラーリが持つさまざまな革新的テクノロジーを惜しげもなく注いだ結果得られた総合的数値なのである。

 しかもこの超高性能は、XXプログラムなどで得たデータを基に、車両の電子制御やコントロールシステムに投入されたことで、一般的なドライバーであっても488GTBのドライビングを楽しむことが出来るという。

 初代2シーターV8エンジン搭載のピッコロ・フェラーリとなる308GTB登場からちょうど40年目となる488GTB、その更なる詳細はジュネーブショーで明らかになる!

Ferrariの2シーターV8エンジン車両の系譜

ピッコロフェラーリの第二世代は355からスタートした
ピッコロフェラーリの第二世代は355からスタートした

 1975年のパリサロンで華々しくデビューしたピッコロ・フェラーリ(小さなフェラーリ)の代表作として知られる、フェラーリのV8エンジン搭載ミドシップ2シータースポーツカー「308GTB(3LV8エンジン搭載。後にタルガボディのGTSを追加)」。
以降、328/348とミドシップにV8エンジンを横置きにレイアウトしたモデルがピッコロ・フェラーリの第一世代だ。

 そして20年を経た1995年には、第二世代となるF355(3.5L5バルブ)を本社マラネッロで発表。このF355からV8エンジンを縦置きレイアウトとしたモデルを投入した。そしてF355からF360、さらにF430へと進化を続けた。

 2009年のフランクフルトショーで第三世代となる458イタリアがデビュー。4.5LV8ユニットは578psを絞り出す、まさに名実ともに世界のミドシップスーパーカーへと昇華した。この458イタリアをベースにしたモデルが、今回発表された488GTBである。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー