大阪オートメッセ2015直前! 出展情報~トラック魂

大阪オートメッセ2015直前! 出展情報~トラック魂

 アート界を牽引する至高のトラック専門マガジンとして2013年4月に発刊した「トラック魂」は、2月13〜15日・インテックス大阪で開催される大阪オートメッセに出展する。

写真は2014年のブースに集まったイメージガール
写真は2014年のブースに集まったイメージガール

 いろいろな飾り(デコレーション)が施された通称“アートトラック”は日本独自のカスタマイズドカー。多くのパーツはワンオフで製作されていて、それぞれのオーナーの個性やアイデアが盛り込まれている。アートトラッカーにとって愛車は相棒であり家族であり、また自身をアピールする存在なのだ。

 トラック魂・本誌では、超ド級の飾りが施された驚愕車輌から仕事車として活躍する燻し銀的車輌、さらに近年盛り上がりを見せている軽トラックなどなど、アートに関するあらゆる情報を発信。アートトラッカー、アートトラックファン必読の一冊となっている。

  

02ブース内にはアートトラック「元禄丸」を展示して、本物の迫力を間近で体感できる。
さらに、そのトラックに花を添えるのは本誌の専属モデルであり、本職はダンプを乗りこなすモデルの「古澤未来ちゃん」が会場に駆け付けてくれる予定だ。

 さらにさらに、現在開発中のトラックゲームアプリ「デコトラの魂」のデモ画像をお見せする盛りだくさんな企画を予定している。

  

  

  

01今回展示する『元禄丸』について紹介。
1970年代のデコトラをイメージした作品で、コンセプトは当時の和歌山県における水産便仕様。同仕様の代表作は名車「カネゲン水産」で、箱三面に描かれた文字ペイントは実際にカネゲン水産を描いた職人に依頼したというコダワリぶりだ。

 飾りはハンドメイドで仕上げられており、あくまでも当時のスタイルを追求した作品と言える。
マーカーランプは電球式のものを改造し、内部にLEDを組み込んでいる。それは、見た目の雰囲気を損なうことなく消費電力を抑えることが目的で、細かな気配りもなされている。
完全なるプライベート車であるため、箱の内部は部屋化されている。

トラック魂ブースは3号館
トラック魂ブースは3号館

 トラック魂ブースはインテックス大阪3号館にある。

 大阪オートメッセ2015の入場料は、前売2100円(中学生以下は無料。当日券は2700円)。前売チケットのご購入は2月12日まで。お早めにどうぞ!
チケットの詳細情報はこちら!(http://www.automesse.jp/ticket/)

画像ギャラリー