スズキがコンパクトなコンセプトカーを3月に2台同時発表!

スズキがコンパクトなコンセプトカーを3月に2台同時発表!

 スズキは、2015年3月3日から開催される第85回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデーは3〜4日、一般公開は5〜15日)にコンパクトカー「iK-2(アイケーツー)」と小型4WD「iM-4」の2台のコンセプトカーを世界初出品することを発表した。

iK-2
iK-2

「iK-2(アイケーツー)」は、「Harmonised Force(調和した力)」をコンセプトに、コンパクトカーに必要とされる全ての要素を高次元で融合させ、従来の価値を極限まで高めたコンセプトカー。
ボディサイズなどは一切明かされていないが、もう一台のコンセプトカー「iM-4」を小型4WDと称していることから、Aセグメントクラスと予想される。
インド向けのコンパクトカーにCVTやATではなくAMT(自動変速MT)の採用し、国内の軽自動車にも搭載車種を増やしていることから、このiK-2のトランスミッションにも採用されてくるだろう。

iM-4
iM-4

 一方「iM-4」は、「Shape the Inspiration(インスピレーションを形にする)」をコンセプトに開発。象徴的な小型4WDとして、スズキのコンパクト4WDのDNAと最新技術を個性的なデザインにパッケージ。、乗り手にインスピレーションを与える新提案モデルであるとリリースで紹介している。
ガラス面積が小さいボクシーなフォルムは、同社のアルトを彷彿する部分がある。
アルトで軽量ボディの優位性を実証した現在のスズキの技術があれば、この小型4WDも軽快な走りが予感される。

  

画像ギャラリー