駆動系からサス&ボディ補強、ハーネスなど多彩な展開!

駆動系からサス&ボディ補強、ハーネスなど多彩な展開!

<キャロッセ>

6A号館

【関連記事】何のために付いている? 最近のクルマにないワケは? ヘッドライトの「オートレベライザー」とは

1-1 主力のLSDに加え、新たに英国クワイフ社製「ATBヘリカルLSD」の販売を開始した。同社のヘリカルLSDはFF車やソフト指向のユーザーから圧倒的支持を集めており、かねてから日本のユーザーも欲していた逸品である。穏やかで確実なドライバーの意図に逆らわない旋回フィールは、英国の上質なスポーツカーの走りそのものといっても過言ではない。注目の一品だ。

「CUSCO WRX STI」は一般ユーザーが量販店などでパーツを選び、手軽に装着するライトチューンのお手本として提案。足まわり、スタビライザー、ボディ補強パーツなどはボルトオンで装着可能なものを選択し、前後LSDや強化クラッチも装備。ノーマルが持つ旋回時の気持ちよさをさらに引き上げる仕様は、家族ドライブや、一人で峠道を攻めても存分に満足できる

  

「FIA公認クスコレーシングハーネス」は3万6000〜4万2000円(税別)
「FIA公認クスコレーシングハーネス」は3万6000〜4万2000円(税別)

 ハイエース200系(全車)用の「ツーリングA」は純正形状、純正スプリングの使用を可能とし、減衰力8段調整式のショックアブソーバーを備える。乗車人数や積載する荷物の重さを問わず、快適な乗り心地を味わわせてくれる。

 そのほか、先ごろFIAの公認を取得したレーシングハーネスやHANS、車高の低い車両に最適な分割式の「スマートスロープ」など、一連の車両パーツを凝縮して展開する。

画像ギャラリー