大阪オートメッセ2015 筑波オブ・ザ・イヤー授賞式開催

大阪オートメッセ2015 筑波オブ・ザ・イヤー授賞式開催

 大阪オートメッセ2015で、CARトップの好評企画「筑波サーキットテスト」のイヤーカーの表彰式を開催した。

【関連記事】燃料タンクを小型化! 窓をアクリル! いくらなんでも「ここまでやるか」の「軽量化」に挑んだ国産車3選

TOY001この筑波オブ・ザ・イヤーは、2014年にアタック計測した計41台の中からもっとも優れたクルマに与えられるもの。ラップタイムの速さだけではなく、クルマにとって重要な「走る・曲がる・止まる」がバランスし、さらに運転する楽しさや感動を与えるクルマを選ぶというもの。

  

TOY0022014筑波オブ・ザ・イヤーの座に輝いたのは、トヨタ・ヴィッツRS G’s。マイチェンによって高められた走りの資質をG’s仕様になることでさらにグレードアップしたことが受賞した理由だ。

  

TOY005TOY0042014インポート筑波オブ・ザ・イヤーにはアウディS1。優れたハンドリング性能が光った。今回はCARトップブースにて、そのS1の展示も行われている。

TOY003

 特別賞はAMT(自動変速トランスミッション)の先行性が評価されてスズキ・キャリィKCが入った。

  

TOY007この筑波アタックのテスターである清水和夫さんは、この授賞式に、ラップランドでのポルシェ試乗会から、直接関西国際空港からインテックス大阪入りした。清水和夫さんが大阪オートメッセに居られるのはこの14日一日のみ。

 筑波オブ・ザ・イヤー・トロフィーのプレゼンテーター役を務めていただいた後は、トークショーを2本こなす予定。

 14:00~14:45 CARトップブースで「GT-R談義(出演は、元GT-R開発主査の渡邉衡三さん、GT-Rマガジン野田編集長、D1グランプリのMCでもおなじみの鈴木学さん)」に登場予定。

 15:00~15:30 トヨタブースにてトークショー。こちらでは筑波オブ・サ・イヤーを受賞したトヨタ・ヴィッツRS G’sについての解説を行なうことになっている。

画像ギャラリー