祝! R33GT-Rデビュー20周年

祝! R33GT-Rデビュー20周年

 カーカスタマイズの祭典「大阪オートメッセ2015」。今年はR33スカイラインGT-Rデビュー20周年の節目の年。そこで、大阪オートメッセに出展されているR33スカイラインGT-Rに注目してみた。

R33スカイラインGT-Rの純正色のダークグレーパール(ちなみに超希少色)かと思いきや、R35GT-Rのダークメタルグレーに塗り替えられたENDLESSのR33スカイラインGT-R。オーナーカーで、サーキットでも楽しめる仕様となっている
R33スカイラインGT-Rの純正色のダークグレーパール(ちなみに超希少色)かと思いきや、R35GT-Rのダークメタルグレーに塗り替えられたENDLESSのR33スカイラインGT-R。オーナーカーで、サーキットでも楽しめる仕様となっている

『ENDLESS』のR33スカイラインGT-Rは一見地味(?)な印象だが、R35GT-R純正色ダークメタルグレーにオールペイントされたツウ好みの1台。中身のほうもR35GT-Rの純正ブレーキやエアフロメーターなどを組み込むなど、現代的に仕上げられたR33スカイラインGT-Rだ。

なんの変哲もないように見えて、じつはフーガの純正色に塗り替えられているSCREENのR33スカイラインGT-R 。外観だけでなく、エンジンチューニングやブレーキ強化など、ひと通り手が入れられている
なんの変哲もないように見えて、じつはフーガの純正色に塗り替えられているSCREENのR33スカイラインGT-R
。外観だけでなく、エンジンチューニングやブレーキ強化など、ひと通り手が入れられている

『SCREEN』のR33スカイラインGT-Rもシブい。こちらもレストアとともにフーガの純正色クリスタルホワイトパールに塗り替え。パワーは約500psと適度に抑えられているが、スポット増しでボディを補強するなど、走りのレベルは高そうだ。

本誌スタッフカーのR33スカイラインGT-R。足まわりやマフラーのほかは、ほぼノーマル状態をキープ。R33スカイラインGT-R生誕20周年にちなんで、5年ぶりに大阪オートメッセに持ち込んだ
本誌スタッフカーのR33スカイラインGT-R。足まわりやマフラーのほかは、ほぼノーマル状態をキープ。R33スカイラインGT-R生誕20周年にちなんで、5年ぶりに大阪オートメッセに持ち込んだ

 本誌GT-RマガジンもスタッフカーのR33スカイラインGT-Rを展示。今回出展されたR33スカイラインGT-Rの中でもっともノーマルに近い仕様で、むしろ目立っていた?

画像ギャラリー