NV350キャラバンの魅力を紹介

NV350キャラバンの魅力を紹介

 大阪オートメッセ2015に出展した日産自動車。その日産ブースの出展車両は、GT-Rでもジュークでもなく、なんとキャラバン! 3台のNV350キャラバンが並んだキャラバン祭りのブースとなっていた。

【関連記事】「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

NissanNV350キャラバン ライダー トランポ、NV350キャラバン ライダー ブラックライン、そして伸縮テーピングのニューハレテーピングのサポートカーであるNew-HALE CARAVANの3台なのだ。このキャラバンは、日産自動車とOGUshowとのコラボレーションでできたキャラバンを120%楽しむための提案車両だ。

E26_2通常のキャラバン ライダーは、トランスポーターベース車ということで、ベッドシステムを提案。このベッドキットはオグショー製で、きちんと収納ができる寝心地の良いマットを採用。

 車内で快適に過ごすことができ、大切な道具もしっかり固定できる、トランスポーターとして使えるキャラバンを提案。

E26_1また、New-HALE CARAVANは、スーパーロングワイドボディのNV350キャラバンDXをベースにオグショーが作り上げた一台。伸縮テーピングのニューハレが、ランナーやサイクリストなどのスポーツ選手への実際にテーピングを貼ったり、選手にアドバイスを行うためのサポートカー。そのため、両側2段ベッドを採用し選手の休憩場所やメンテナンスルームとして活用でき、それでいて荷物の運搬も快適にこなせるようになっている。

画像ギャラリー