歴史的ドライバーが年に1度集う観客を招かない大イベント

歴史的ドライバーが年に1度集う観客を招かない大イベント

 レーサー魂衰えず……。

 さすが!! ですね。レースを退いているとは言え、競り合いになると実車さながらの駆け引き。一年に一度しかステアリング、じゃなくてコントローラーを手にしないレーシングドライバーのレジェンドの方々がレースの醍醐味を目の前で展開してくれる。これはもう、りっぱなレースイベントでした。

 というのが2月21日(土)、神奈川県・横浜市営地下鉄北新横浜駅近くのスロットレーシングカーの総合メーカー「バンプロジェクト」に集まった日本のレース史に燦然と輝く、一度は目に耳にしたこと事があるだろうお歴々。

 昨年2014年までは富士GC(グランチャンピオン)ドライバー、関係者による1/24スケール・スロットカーレースだったが、今年から日本のレース界を盛り立て、支えた“名球会”レジェンドドライバー諸氏による「ゴールドスタードライバーKW(ドイツ語なのでカーヴェー)チャレンジ」と銘打ったレースに格上げ。

 冒頭の“駆け引き”の話は、70年代のGC(グランドチャンピオン)当時、あるいは60年代の第1回日本グランプリ当時に、ご自身が操縦したマシンのスロットカーで再びレースバトルを繰り広げた際のもの。

ギャラリーを呼ぶような大イベントでも、ここまでのメンバーは集まらないだろう。とにかく、雑誌や歴史書籍で見た人たちが集結
ギャラリーを呼ぶような大イベントでも、ここまでのメンバーは集まらないだろう。とにかく、雑誌や歴史書籍で見るような有名な方々が集結した。各自、思い出のレーシングスーツを着用。イベントをバックアップするのは、サスペンションのKWなどを取り扱う橋本コーポレーション

 初参加の大久保力さんは「以前から仲間うちに誘われていたけど、”おもちゃ”を走らせるだけだろ、と思っていた。ところが実際に目にすると、そのシャーシのメカニズム、とくに削り出し精度が高いバンプロ製シャーシの精密さ驚き、メカ好きとしては、これならなるほどみんなが前向きのめり込むのがわかった」と。アクセルの感覚を指先に置き換えてのコンントロールはカンタンだが奥が深い。

「この小さなスロットカーの挙動を見ながらコントロールする、という事は反射神経、動体視力の鍛錬になる、ね」。とおっしゃるのは津々見友彦-大大先輩。

 個人的見解を付け加えると、「レース」をして、そのものに慣れる事がいい。

 スタート直前の緊迫感、予選のひとりタイムアタックの緊張ドキドキ感は実車レースとなんら変わらない。その“レーススタート”を日に何十回と味わえる、レーサーにとってのプラスはそこでの緊張感のほぐし方。緊張感を楽しめるように精神的に成熟することも、場数を踏むうちに自身で感じられる。

D20_3485ということで、その昔、富士のバンクの金網にへばりついて走り去るマシンとドライブする姿に憧れた方々が目の前で、コントローラー片手に真剣にバトル。各人の一挙一頭速を見ていたい、と思うに違いない集い。取材する側ではなく、観客として見ていたい。と正直、そう思う。

 レースは僅差の戦いで、寺田陽次郎選手が高橋晴邦選手を破り初優勝。このお二方、数年前から厳しいバトルの応酬で、遂に寺田選手に軍配が上がったもの。
「ゴールドスタードライバーズ」日本のレース史を支えて来たレジェンドのスロットカーの集いは、一年に一度。この模様はWEB CARTOPを含む、ケーブルTV、ネット、自動車専門誌を含む各媒体で御覧いただきたい。

D20_3471ちなみに1/24スケールというと、いわゆるクルマのプラモデルのサイズ。ところが、そのサイズに往年の富士GC参加マシンの設定はなく、今回使用したマシンすべてがスロットカー集団MFCの手により製作され、シャーシもサーキットのコースもバンプロジェクトが全てを請け負うカタチになった。

 <レポート:桂 伸一>

  

  

個人賞の上位は、1位寺田陽次郎さん、2位高橋晴邦さん、3位に関谷正徳さん!

個人賞の上位は、関谷正徳さん(3位・右)、寺田陽次郎さん(1位・中央)、高橋晴邦さん(2位・左)
(写真右)関谷正徳さん:1949年年生まれ。マクラーレンF1GT-Rに乗って、日本人初のル・マン優勝者としてその名を轟かせた。ツーリングカーからレースを始め、耐久からGC、フォーミュラなどオールマイティな分野で速さをみせた苦労人ドライバー。83年から参加したトムスから一旦は離れるも、再びトムスの顔として走り、引退後もトムスの監督として活躍中。   (写真中)寺田陽次郎さん:1947年生まれ。ミスター ル・マンと言われるのは、1974年に挑戦を始めたほか、27年連続出場などを果たしているからだ。その功績が買われル・マン24時間レースの主催者であるACOから理事を任命された。日本ではマツダのロータリー遣いとして、ツーリングカーからGC、耐久レースで活躍。   (写真左)高橋晴邦さん:1946年生まれ。船橋で学生時代にレースを始め、大学卒業時にトヨタ自販ワークスとして参画。すぐに頭角を現し排気量に劣るトヨタ1600GTでGT-Rを抑えて走るなど速さを買われ、5リッターの怪物トヨタ7のドライバーに抜擢される。その後GCやル・マンになどにも挑戦するが、トヨタのワークス活動休止とともに引退。その後は監督としても活躍した。

  

4つのペアによるチーム戦で1位と2位は

画像ギャラリー