新型マイバッハは50%プライスダウン

新型マイバッハは50%プライスダウン

 1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした伝説の名車「マイバッハ」。
2002年から2013年まで、メルセデス・ベンツの最高級ブランドとして「マイバッハ」の名前で独立したクルマをリリース。ショートホイールベースの57とロングホイールベースの62を設定し、車両本体価格は4100万円からと世界の富裕層向けのクルマだった。

Exterior_frontExterior_rear1そして2015年2月25日、「メルセデス・マイバッハ Sクラス」とネーミングを変更して復活を遂げた。
その名からも察せられるように、このモデルから専用ボディは採用せずメルセデス・ベンツのSクラスのロングモデルをベースにホイールベースを200mm延長するなど、マイバッハとして相応しい威厳と高級感のあるクルマへと仕上げられている。

 メルセデス・ベンツとしては、AMGをスポーティカー、マイバッハはプレミアムカーとしてブランド(キャラクター)分けをしているそうだ。
その結果、従来のマイバッハのように最も費用が必要となるオリジナルボディの開発&製作が不要となり、コストが削減できるようになった。さらに、ベースモデルの技術的な進化にもいち早く対応できるため、先代モデルに比べバージョンアップするスピードもアップしているのだ。

 さて、マイバッハの特徴ともいえるロングボディのSクラスより200mm延長されたホイールベースは、すべて後席のスペース拡大へと割り当てられている。
ところがリヤドアの幅は66mm狭められ、Cピラーに三角窓を移設。これによって、リヤシートはドア開口部より後方となり、プライバシーと高い居住性を確保している。

DSC_0241
リヤシートにはリクライニング機構のほかオットマンなど、快適に移動できる装備が満載。もちろん、リラックスした姿勢でも万一のときに乗員の安全を確保する新機構が盛り込まれている。ドア開口部が狭められプライバシーも確保。WEB CARTOP編集長が手にしているのは専用のシャンパングラス

「五感で感じる極上の快適性」と謳うインテリアは、左右独立式リヤシートは43.5度までのリクライニングを可能とするエグゼクティブシートを採用。その周囲をクラフトマンシップで仕上げられたウッドトリムが取り囲む。後席中央には飲み物を冷やすクーリングボックスを装備し、ドイツの高級銀食器メーカー”ROBBE & BERKING(ロベ&バーキング)の専用シャンパングラスも用意されている。

 グレードはS550とS600の2種類。搭載エンジン&トランスミッションは、S550が4.7LV8DOHCツインターボ&9速AT、S600は6LV12SOHCツインターボ&7速ATとなっている。

 さて、気になる車両本体価格だが、メルセデス・マイバッハS500は2200万円、メルセデス・マイバッハS600が2600万円と先代モデルに比べるとほぼ半額。
メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルとしての豪華さ、他メーカーの同クラスと比較してもかなりお買い得な価格設定といえる。もっとも、それを実感できるのは世界の富裕層だろう。

諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー