BMW Sports Trophy Team Studieが体制を発表

BMW Sports Trophy Team Studieが体制を発表

BMWグループ・ジャパンのサポートを受け
BMW Z4 GT3で年間王座を狙う!

  

 2014年シーズンに、突如としてスーパーGTのGT300クラスにエントリーを果たしたBMW Sports Trophy Team Studie。しかしこのチームは参戦初年度とは思えない戦績を挙げ続け、シーズン最終戦までチャンピオン争いをするという強さを見せた。

 スーパーGTは世界でも指折りのコンペイティティブなレースと知られており、しかもGT300クラスは世界中のGT3マシンに加え、トヨタやスバルなどのワークスマシンも参戦している激戦クラスだ。その中でシーズン3位という好成績を挙げたこのチームだが、決してこの成績はまぐれや奇跡ではない。

前列左からドライバーの荒聖治選手、ヨルグ・ミューラー選手、鈴木康昭チーム代表・監督
前列左からドライバーの荒聖治選手、ヨルグ・ミューラー選手、鈴木康昭チーム代表・監督。昨年と同じ体制で挑む

P90174347_highRes というのも、チームを運営するのはBMWオーナーにはつとに有名なBMWを知り尽くした横浜にあるスタディ。しかもこのチームを包括的にサポートするのが、BMWジャパンだった。
テクニカルサポートや技術スタッフの派遣に始まり、BMW本体のワークスドライバーであるヨルグ・ミューラーの起用などを施していた。
だからこそ参戦初年度にも関わらず、最終戦までチャンピオン争いに絡むほどの力を発揮したのだ。さらにル・マン24時間レースで日本人2人目となった優勝経験者である荒聖治選手の起用や、レースを知り尽くしているメインテナンスガレージとのジョイントなどチーム編成も素晴らしかった。

 そのBMW Sports Trophy Team Studieの2015年のチーム体制が今日、BMWジャパンの本社1階にあるBMW Group Studioで体制が発表された。
チーム編成自体は引き続き同じだが、さらにサポート企業が増えより強固な体制を整えた。チーム一丸となってシリーズチャンピオン獲得に向け、心新たに船出となったこのチームから目が離せない。

M4 DTM Champion Editionは、2014年シーズンのDTMにおいて、マルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンに輝いたことを記念して導入する全世界特別限定車であり、マルコ・ヴィットマン選手の車両ナンバーと同じ数の世界23台限定モデル。そのうちの5台を日本で販売(車両本体価格:¥13,990,000、右ハンドル・7速 M DCTのみ)
M4 DTM Champion Editionは、2014年シーズンのDTMにおいて、マルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンに輝いたことを記念して導入する全世界特別限定車であり、マルコ・ヴィットマン選手の車両ナンバーと同じ数の世界23台限定モデル。そのうちの5台を日本で販売(車両本体価格:\ 13,990,000、右ハンドル・7速 M DCTのみ)

画像ギャラリー