【ジュネーブモーターショー2015】スズキが2台のコンセプトモデルを世界初公開

【ジュネーブモーターショー2015】スズキが2台のコンセプトモデルを世界初公開

 3月3日に開幕したジュネーブモーターショー(プレスデーは3月3日、4日。一般公開は3月5日~15日)に、スズキはコンセプトカー「iK-2」と「iM-4」を登場させた。

GenevaSuzuki001プレスカンファレンスでは、コンパクトカーiK-2、コンパクトSUVであるiM-4の2台を発表したと同時に3つの環境技術を紹介した。
それは、この2台のコンセプトカーに採用されるスズキの新環境技術、軽量化と基本性能向上を追求した「次世代軽量プラットフォーム」、直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET(ブースタージェット)」、マイルドハイブリッドシステム「SHVS(Smart Hybrid Vehicle by Suzuki)」だ。
「これらが示す価値こそが、これからのコンパクトカーに求められる新しい価値である」と高らかに宣言していた。

GenevaSuzuki004iK-2は、2016年初頭に欧州市場に投入予定市販車のコンせプトモデル。
「Harmonised Force (調和した力)」をコンセプトに、水の塊が動き出す時のエネルギー移動をイメージした、流れるような優雅さと、全高を抑え、全幅を広く取ったダイナミックさを併せ持つデザインとしている。
搭載するエンジンは、低燃費と運転する楽しみを両立する1.0L直噴ターボガソリンエンジン「BOOSTERJET」となる。車両サイズは全長4023mm×全幅1920mm×全高1450mm。

GenevaSuzuki003iM-4は、「Shape the Inspiration(インスピレーションを形にする)」がコンセプトの小型4WDだ。
ジムニーやエスクードを代表とするスズキ4WDのDNAを受け継ぎ、エスクードの貝殻形状のボンネットや、スイフトの黒いA・Bピラー、初代セルボやフロンテクーペから受け継いだCピラー周りからリヤへの造形など、スズキの伝統を感じるデザインを随所に散りばめている。
ISG(モーター機能付発電機)によるモーターアシストと効率のよい回生発電を行う、マイルドハイブリッドシステム「SHVS」を採用した1.2Lデュアルジェット エンジンを搭載。低燃費・低CO2排出を実現する。ボディサイズは全長3693mm×全幅1709mm×全高1566mm。こちらも量産に向けた開発を進めている。

画像ギャラリー