【ジュネーブモーターショー2015】FF世界最速?! ホンダ新型シビック タイプR登場

【ジュネーブモーターショー2015】FF世界最速?! ホンダ新型シビック タイプR登場

 3月3日、第85回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデーは3月3日、4日。一般公開は3月5日~15日)が開幕した。
ホンダブースに、新型NSX、燃料電池車FCVコンセプトとともに登場したのは、シビック タイプRだ。

GenevaHonda001

「歴代最高のシビック TYPE R」を目指して開発されたこの新型シビック タイプRは、欧州シビック(5ドア)をベースに、レーシングカー並みの高い走行性能と、スポーツモデルらしいアグレッシブさを兼ね備えた1台。

GenevaHonda002コンピュータ解析と風洞実験だけにとどまらず、北海道・鷹栖プルービングセンターのテストコースや三重県・鈴鹿サーキット、そしてドイツ・ニュルブルクリンク北コースなど、さまざまなコースでの徹底したテスト走行を重ねてきたという。

 平らな車体底部の整流板とリアディフューザーでダウンフォースを高め、フロントバンパースポイラーとサイドスカートでリフト(車体を上に持ち上げようとする力)を低減しつつ、ドラッグ(空気抵抗)を減らすエアロダイナミクス性能を徹底して追求。

  

GenevaHonda006その心臓部には、新開発となる2L直列4気筒 VTECターボエンジンを搭載。歴代シビック タイプRで最高性能となる最高出力310ps、最大トルク400N・mを発揮。そしてタイプR史上初のターボエンジンである。
このエンジンには6速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、0→100km/hの加速は5.7秒、最高速度は270km/h。FFハッチバックモデルにおいてトップレベルの走行性能を実現しました。

壇上に上がっていたNSXはHバッヂを装着していた!?
壇上に上がっていたNSXはHバッヂを装着していた!?

 高出力を確実に路面に伝えながら爽快なハンドリングを実現するアダプティブダンパーシステムを前後サスに採用。また、FF車のトルクステアを軽減するデュアルアクシスストラットサスペンションをフロントに採用。さらに、19インチの大径アルミホイール&タイヤ、ブレンボ社製ブレーキキャリパー&350mm径ブレーキディスクローターを採用している。

 そして注目のニュルブルクリンク・オールドコースのタイムだが、FFハッチバックモデルでトップとなる7分50秒を記録した。

  

 欧州向け新型シビック タイプRは、2015年夏に欧州各国で販売を開始予定という。

画像ギャラリー