【ジュネーブモーターショー2015】日産は新たなデザインコンセプトを初公開

【ジュネーブモーターショー2015】日産は新たなデザインコンセプトを初公開

 2015年ジュネーブモーターショー(プレスデー:3月3日~4日、一般公開日:3月5日~15日)が開幕。日産はプレスカンファレンスでハッチバックコンセプトの「Sway(スウェイ)」を世界初公開した。

GenevaNissan002スウェイは、日産が欧州市場を睨んだコンパクトハッチバックモデル。Vモーショングリル、フローティングルーフ、ブーメラン型ヘッドランプといった日産のデザイン要素を盛り込み、コンパクトながらパノラマグラスルーフを採用することで解放感のある室内を実現。ルーフサイドから後部までオレンジ色のコの字型フレームがその構造をより際立たせている。ドアは観音開きとし、乗降性を高めている。

「グライディングウィング」形状のダッシュボードには、シンプルなインテリアを実現するために多くの機能を集約した大型の台形型タブレッを中央に取り付けており、運転席側からも助手席側からも見やすく、そして使いやすくなっている。

FIA 世界耐久選手権(WEC)参戦マシン、 NISSAN GT-R LM NISMOも登場!
FIA 世界耐久選手権(WEC)参戦マシン、 NISSAN GT-R LM NISMOも登場!

 アルミ構造材の一部としてデザインしたドアノブや、アルミ・ステアリング、アルミニウムに、高級なスエード調生地を採用した軽量シートと随所にアルミを配したインテリアも特徴的。

 サイズは全長4010mm×全幅1780mm×全高1385mm、ホイールベース2570mmとなる。

 また、高級車ブランドのインフィニティからはQX30コンセプトが登場した。QXの名が示す通り、クロスオーバーモデルの末弟という位置付けとなるコンセプトモデルだ。

画像ギャラリー