【ジュネーブモーターショー2015】三菱・新PHEVシステム搭載の小型SUVを参考出品

 第85回ジュネーブ国際自動車ショー(プレスデーは3月3日、4日。一般公開は3月5日~15日)が現地時間3月3日にスイス・ジュネーブで開幕した。
三菱自動車は、小型SUVのコンセプトを世界初披露。また、L200(ダブルキャブ)を欧州初披露も行った。

GenevaMitsubishi001

GenevaMitsubishi003新プラグインハイブリッドEVシステムを搭載する小型SUV「MITSUBISHI Concept XR-PHEV II」は、三菱のアウトランダーPHEVに次ぐPHEV第2弾をイメージしたコンセプトカー。その名前にあるXRとは、X(cross)over Runnerの略で、街中をきびきびと走るスタイリッシュなクロスオーバーという意味を持たせている。

 三菱では、将来の展開を見据えて車種ごとに最適なPHEVシステムの開発に取り組んいる。
このMITSUBISHI Concept XR-PHEV IIで提案する新たなPHEVシステムは、都市型クロスオーバーに最適な小型・軽量・高効率なFFタイプ。CO2排出量40g/km以下に抑えPHEVでクラストップトップレベルとなる環境性能を持たせるとともに、レスポンスよく滑らかで力強くスポーティでありながら静粛性に優れ、変速ショックの無い上質で滑らかな走りを実現しようとしている。

 そのデザインは、歴代パジェロのデザインを継承・進化させたフロントフェイスに、水平基調のシンプルなインパネでSUVの力強さを表現する。ボディサイズは全長4490mm×全幅1890mm×全高1620mm、ホイールベースは2670mm、乗車定員4名、バッテリー容量12kWhでモーター出力は120kWとなる。

GenevaMitsubishi005L200は、2014年11月にタイで発売した新型ピックアップトラックのトライトンの欧州仕様。グローバル展開を進めており、最終的には約150ヶ国での販売を計画しているという。

  

  

  

画像ギャラリー