【ジュネーブモーターショー2015】[動画]公道最速のポルシェ911GT3 RS (1/2ページ)

【ジュネーブモーターショー2015】[動画]公道最速のポルシェ911GT3 RS

 2015年ジュネーブモーターショー(プレスデー:3月3日~4日、一般公開日:3月5日~15日)が開幕。
その初日にポルシェは2台の新型スポーツカーをデビューさせた。S15_0303_fine

 1台はポルシェ911 GT3 RS。ロードゴーイングスポーツカーとレーシングカーの壁をなくした公道を走行できる最速マシンだ。
モータースポーツからフィードバックされたノウハウを投入した911 GT3 RSは、4L水平対向6気筒エンジンを搭載。このエンジンは最高出力500ps(368kW)、最大トルク460N・mを発揮する。911 GT3 RS
トランスミッションは、専用7速PDKを組み合わせる。ステアリングのシフトチェンジ用パドルは、「パドルニュートラル」クラッチ解除機能や、ピットスピードスイッチによる速度制限機能などによって、モータースポーツ用としてもカスタマイズされている。サーキットでは、より高度なアシストを受けることができるわけだ。
また、ルーフにはマグネシウムを初採用し、エンジンフードとフロントリッドはカーボン製。911 GT3より軽量化と低重心化を実現している。911ターボ譲りのボディとRS専用エアロパーツによって、空力性能もアップした。

 その結果、ニュルブルクリンク・オールドコースのラップタイムはカレラGTの7分29秒を凌ぐ7分20秒を記録。0-100km/h加速タイムは3.3秒、0-200km/h加速タイムは10.9秒といった卓越した性能を実現している。

 なお、ポルシェジャパンでは、911 GT3 RSの予約受注を3月23日より開始する。
価格は2530万円(左ハンドル/7速PDK)

 


画像ギャラリー