日産デザインを決める中村史郎CCOに直撃インタビュー

 今年で第85回目となるジュネーブ国際モーターショーは3月に開催される。このモーターショーは欧州での開幕イベント的性格を帯びていて、最新モデルや話題のクルマが数多く登場するのが特徴だ。

 今年も2015年モデルのワールドプレミアムが相次ぎ欧州最新モデルに国産車の欧州デビューなども相次ぎ話題には事欠かない。

 モーターショーの華としては次世代のモデルを表すコンセプトカーも見逃せない。今回も多くのコンセプトカーが展示されていたが、その中でも注目を集めていたのが日産・インフィニティ。

11026513_710278372422470_838201538_nインフィニティは昨年Q50(スカイライン)を欧州デビューさせ販売面で大成功を収めているという。その勢いをさらなるバリエーション展開に活かすべく今回Q30Xコンセプトを発表した。

 Q30Xは、今世界中のマーケットで爆発的な人気となっているCセグメントのSUVを狙う。インフィニティは高級ブランドだが、このC30Xとさらにセダン化したQ30を欧州インフィニティの核となるモデルに成長させる狙いだ。

 そのフォルムは、イギリス・ロンドンに新たに稼動させたデザインオフィスで描かれたベースデザインを元に、日産車のデザインを統括する中村史郎CCO (Chief Creative Officer)が牽引するデザイングループが実現可能な姿にクリエーションしたという。

11039424_709799455803695_425250134_n「Q30Xのデザインは欧州でインフィニティのブランドをイメージを認知させ期待値を高めるためにジュネーブに出したんですよ。ほぼ、8〜9割はこのカタチで出しますよ」と中村さんは語る。

 まだコンセプトカーの段階だが、そのスタイリングには僕も一目惚れした。クレッセント(三日月)と呼ばれる特徴的なCピラーデザインにショートオーバーハングのパッケージングデザイン。フェンダーやボディサイドの流れるようなラインも美しく芸術的だと思う。

 Q30Xは、欧州では2016年秋頃に登場するようだ。日本での販売は予定していないとのことだが、要望が強ければもちろん対応するとのこと。ぜひ、日本からの要望を伝えていきたい。

11051549_710278115755829_1785831533_n日産ブランドとなるSWAY(次期ノート?)も公開れたが、こちらも素晴らしくカッコいい。これまで日産車にはスタイリング的魅力を感じられなかったが、今回のショーを境に日産/インフィニティブランドは大きく生まれ変わっていくことが確信できた。

「日産ブランドのSWEYを出しましたけど、こちらはQ30Xに比べると難しいですね。Bセグは欧州ではファーストカーですが北米ではサードカーなんです。この格差をつける必要がある。それに成長著しい中国は欧州モノが好まれる。日本は欧州と北米の中間といったイメージです」と中村さん。

11047092_710278072422500_1129440164_nさらに中村さんは、
「グローバルに展開するクルマのデザインは本当に難しいですが、今のシステムになってまとまってきましたね。日産には『インフィニティ、日産、ダットサン』の3ブランドがあります。それらをデザイン的にまとめるために、世界各地にデザインスタジオがあります。

 基本的には、コンペさせて優れたものを我われが日本で具体的にまとめ上げるんです。

 コンペにするとすごいパワーが発揮されて優秀なデザインが一杯出てくるんです。最近は中国人のデザイナーがすごくいい。

 そうしたセンスに磨きをかけるためにもロンドンの一等地にデザイン・センター(日産デザインヨーロッパ社 )を創設しました。カルロス・ゴーン社長と下見した時は、まだ工場の跡地で建物も古く痛んでいましたが、我われがリフォームして今では見違えるハイセンスなスタジオとして業界で注目されていますよ」と語る。

 今回ジュネーブショーを取材した僕の中では日産/インフィニティのデザインは最も秀逸で目立っていた。Q30XやSWAYを見た後ではどのクルマも普通に見えてしまう。それくらいインパクトが強い。

 こんなデザインが可能になった背景はイギリス・ロンドンに開設された新しいデザインセンターが重要な機能を果たしているのは間違いない。さらに人材育成とコンペを兼ねたプログラムを実践しこれまでにないデザインプロセスが生み出されている。

 ジュネーブからに帰路で、ロンドンに立ち寄り前述のデザインセンターを見学させてもらった。

 クリエイティブな空間とストレスのない環境、そしてクルマ好きが集まり自由な発想をカタチにする理想的な環境がそこにはあった。今後の日産/インフィニティのデザインは大いに期待していい。

 正直今までの日産車はデザインはあまり好きではなかった。だが今回のQ30XやSWEYは文句無くカッコいいし一目惚れした。
中村さんの話を聞いて今後の日産車はスタイリングには期待が持てると感じさせられる。

 下の写真は日産デザインヨーロッパ社

  

画像ギャラリー