BMW i3が通販サイトから購入できる!?

BMW i3が通販サイトから購入できる!?

 BMWは、大手総合オンラインストア「Amazon.co.jp」で、4月1日よりBMW i3の販売を開始した。
自動車メーカーが外部のウェブサイトを通じて新車の販売を行なうのは、BMWが日本初となる。
すでにオンラインストアでクルマを売られている例はあるが、それは販売会社(メーカー系のディーラーではなくクルマの販売をメインにしている店)。メーカー自ら外部のオンラインストアでクルマを販売する例はない(テスラは自社のホームページで販売)。

P90128958_lowRes

BMWはi3を家電感覚で売ろうとしているのか?

 なぜ、BMWは全国に185拠点のディーラーネットワークが確立されているのに、オンラインストアでクルマを販売することにしたのだろうか? さらに、それがi3だけというのも不思議だ。

 そこでBMW広報室の前田雅彦さんにインタビューしてみた。
「iシリーズ(i3およびi8)を販売できるBMW i店には、専門トレーニングを受講したBMW i専任のセールス・スタッフを配置しています。しかし、正規ディーラー185店のうちBMW i販売店は46店舗。近くにBMW i販売店が無い地域のお客さまが、i3シリーズを購入しやすくするためにアマゾンでの販売を始めました」と説明してくれた。

 具体的には、アマゾンで購入を希望すると、BMW販社の営業マンの代わりにBMWの社員であるモバイル・セールス・アドバイザー(移動型セールス)がお客さんのところを訪問。i3の説明をしたのち契約となる。車両登録に関わる事務作業から納車は、近隣のBMW正規ディーラーがBMWから引き継ぎ行うという。
メンテナンスに関しては全国のBMW正規ディーラーで対応可能なので、事務手続きをした近隣の正規ディーラーで引き続きお願いできるので安心だ。

「ネットでクルマを買う」と文字にすると味気ないと思うかもしれないが、BMWはアマゾンを通じてより多くの人に新時代のモビリティであるiシリーズというクルマを正しく理解してもらおうと努力していると感じられた。

画像ギャラリー