軽自動車の増税は新車だけでなく低年式車両もターゲット

軽自動車の増税は新車だけでなく低年式車両もターゲット

 平成27(2015)年4月1日から軽自動車税(自家用乗用車)がこれまでの7,200円から1.5倍増の1万800円に増税されたのは周知の通り(自家用貨物車は農業や中小企業に配慮し4000円から1.25倍の5,000円)。

D3A_5075ただし、この増税は4月1日以降の新車登録車両に限定されており、3月31日までに登録を終了している(すでに登録された中古車を含む)車両&すでに軽自動車を所有しているオーナーは従来どおりの7200円が適用される。

平成27年3月31日登録までの軽自動車の税金は7200円だが・・・

バブル期に生まれたビートやカプチーノ、AZ-1なども来年から増税の対象に。普通車に比べてまだまだ安いとはいえ、税負担が増えることは間違いない
バブル期に生まれたビートやカプチーノ、AZ-1なども来年から増税の対象に。普通車に比べてまだまだ安いとはいえ、税負担が増えることは間違いない

「じゃあ、今年の3月31日以前にナンバーの付いた(登録した)軽自動車ならば、税金はこれまでと同じ7200円」と胸を撫で下ろす方もいると思う。
ところが、今回の法改正で、もう一つ軽自動車税が増税されるケースがあることをご存知だろうか。
すでに普通車の重量税でスタートしている古いクルマに対する増税が、これまで経過年数を問わず一律だった軽自動車にも適用されることになったのだ。

 具体的には初年度登録から13年以上が経過した軽自動車が対象で、7,200円がなんと1万2900円になる。

  

1人1台という地方では、13年以上経過した軽自動車はまだまだ現役
1人1台という地方では、13年以上経過した軽自動車はまだまだ現役

 ちなみに、この増税が適用されるのは平成28’(16)年4月1日から。つまり対象となるのは平成15(’03 )年3月31日以前に新車登録した車両だ。

 そのくらいの年式の軽自動車は、都市部では見掛けることは少ないが、1人1台という地方ではまだまだ多い。名目上は「軽自動車のエコカー推進(今年からエコカー減税導入)」のためだが、経済的な理由で買い替えられない人にとっては重い負担となりそうだ。

  

13年経過の普通車はさらに税率アップ

R34型スカイラインも増税対象車
R34型スカイラインも増税対象車

 さらに、軽自動車税のみならず普通車の自動車税もじつは増税されている。

 こちらは今年(平成27年度)からで、初年度登録より13年を経過する車両(平成14年3月31日登録以前の車両、ただしハイブリッド車は除外)は、従来の10%増から15%増に引き上げられた。旧車を所有することはますます厳しさを増している

画像ギャラリー