「ダットサン・ベビイ」貴重画像ギャラリー<その2> (2/2ページ)

 使えるパーツは磨き上げて再塗装。どうしても再利用不可能なゴム類などは、パーツメーカーの協力もあってワンオフで製作されたものも多い。ただ、こどもの国の倉庫で保管されていたこともあり、50年前のクルマとしては良好なコンディションだったようだ。その再生には焼く2年の歳月が費やされた。

ダットサン・ベビイ展示予定

 3/28(土)~4/30(木)
「日産自動車 グローバル本社ギャラリー」
神奈川県横浜市

 4/18(土)~4/30(木)
「朝日新聞 東京本社2Fコンコースギャラリー」
東京都中央区

 5/16(土)・17(日)
「イッツコミュニケーションズ 二子玉川ライズ iTSCOM「 STUDIO&HALL」
東京都世田谷区

 (リンク:youtube「日産ダットサンベビー復元 子ども免許で30万人が運転 」)

画像ギャラリー