ドリフトマッスル、2015シーズン開幕

ドリフトマッスル、2015シーズン開幕

 D1GPを立ち上げた稲田大二郎さんと、ドリキンこと土屋圭市さんとが2011年に設立した「ドリフトマッスル」の2015年シーズンがスタートした。4月11日~12日、開幕戦が行われた舞台は、栃木県にある日光サーキット。

DriftMuscleRd1_01
この週末、最も活躍した(?)長沢あかり選手のPS13シルビア

DriftMuscleRd1_02

場外乱闘? もこれまた楽し!
この日の長沢選手の走りを絶賛する土屋さんに「もっと(優勝した)オレのことを言え!」と岡村選手。場外乱闘? もこれまた楽し!

 今年で5年目を迎えるドリフトマッスルは、今回からスーパーマッスルクラスの採点方法が変更。これまで稲田大二郎さんと土屋圭市さんの採点を合わせたポイントで順位を決めていたが、今シーズンからは土屋さんが技術点、稲田さんがパッションという2人が別々の評価ポイントを持つことになった。

チェリオジャパンがシリーズ・メインスポンサーとなって、タイトルも大会名称「LIFEGUARD TDMC Drift Muscle 2015」となって生まれ変わった
チェリオジャパンがシリーズ・メインスポンサーとなって、タイトルも大会名称「LIFEGUARD TDMC Drift Muscle 2015」となって生まれ変わった。ドリキンこと土屋さんが手にしているのはもちろんライフガード!

 クラス分けは従来同様、誰でもどんなクルマでも参加可能なチャレンジクラス(単走のみ。クラス内で、ビギナー/エキスパートに分けられ、上位クラスに上がるにはここで95点以上のポイントを獲得する必要がある)、マッスルクラブライセンス会員が参加できるマッスルクラス(単走と上位16台は追走トーナメント進出が可能。車両にはロールケージが必要)、レディースクラスはマッスルクラブライセンス会員の女性が参加できる。そして最上位クラススーパーマッスルクラブ(規定の資格を持ち、JAF国内ライセンスB以上を取得。ロールケージを装着した車両で、レーシングギアはFIA規格であること)の4クラス。

 気軽に参加できるチャレンジクラスにはさまざまな車両が登場する。大量のスモークを上げながら4輪ドリフトするランエボやクラウンエステートなど、こういった車両を見て見るのも楽しい。

DriftMuscleRd1_074月11日にマッスルクラス、レディースクラスの決勝が行われ、4月12日はスーパーマッスルクラスの決勝が行われた。

DriftMuscleRd1_05
開幕戦はその名の通り苦戦となった藤野S15(写真左)。一方の神谷180SX(写真右)は予選から絶好調で、この3位決定戦もしっかりと決めた
DriftMuscleRd1_04
「先行しているとぶつけられることが多い」という長沢S13(写真左)。マッスルクラス優勝、そしてスーパーマッスル準優勝と波に乗っていた

 上位16名が進出したスーパーマッスルクラス決勝の追走では、ゼッケン1を付ける昨年のチャンピオン藤野秀之選手が何度もサドンデスに持ち込まれるなど、開幕戦からヒートアップ。決勝まで勝ち進んだのは、ヤシオファクトリーの岡村和義選手と、前日のマッスルクラスの覇者である長沢あかり選手という師弟対決となった。長沢選手は女性初のスーパーマッスルクラス決勝進出となる。

DriftMuscleRd1_06
岡村180SX(写真左)と長沢S13、まったく同じタイミングで入った2台だったが接触。「ぶつけた分は請求するぞ」と岡村選手

 この対決を制したのは岡村選手で、自身初のスーパーマッスルクラス初優勝を飾った。
「日光(サーキット)は、これまで苦手意識があったけれど、今回マシンのセットを変更したことで、非力だけれど乗りやすくなった」とその勝因を語る。

 追走で岡村選手のマシンに接触して、2位となってしまった長沢選手は「(決勝へ進出して)やるしかない、と思って臨んだんですが、やりすぎました(笑)。悔しかったけれど、今はやりきったという達成感でいっぱいです」とコメント。

 3位には、今回予選トップで決勝へ臨んだ神谷幸助選手。岡村選手との追走で負け、その後の3位決定戦で藤野選手をサドンデスに持ち込んで競り勝った。

DriftMuscleRd1_09この開幕戦レース後、土屋圭市さんは「今年から新しく”速くてかっこいい”というお題を持って、リニューアルしたドリフトマッスル。世界に行ってもきちんと戦えるドライバーを輩出していきたい」と今シーズンの抱負を語った。

DriftMuscleRd1_10
表彰台は、岡村和義選手(#840 ヤシオファクトリー180)、長沢あかり選手(#24 WISTERIA with MAKEOVER with Thrash)、神谷幸助選手(#72 神谷180SX)とヤシオ関係者が独占?

 第2戦以降のスケジュールは以下の通り
第2戦 5月9日(土)・10日(日)   富士スピードウエイ(ショートコース)
第3戦 7月19日(日)・20日(月)   スポーツランドSUGO西コース
第4戦 9月5日(土)・6日(日)    筑波サーキット(コース1000)
第5戦 10月17日(土)・18日(日)  日本海間瀬サーキット
第6戦 11月28日(土)・29日(日)  日光サーキット

 マッスルドライバーをぜひ応援しに行こう!

画像ギャラリー