モータースポーツジャパンでGRMN86プロトを展示

 発売まで秒読み段階!? GAZOO Racing・GRMNの最新作「GRMN86プロトタイプ」がモータースポーツジャパン2015に展示された。

【関連記事】人気ジャンルに投入も鳴かず飛ばず! 後出しじゃんけんなのに「売れなかった」クルマ3選

GRMNメイン大阪オートメッセ2015(←https://www.webcartop.jp/2015/02/6115へリンク)デビューし、クルマ好きの注目を集めているGRMN86プロトタイプ。モータースポーツジャパンでは初のお披露目となる。

「ニュル24時間を戦うレーシングカーのロードゴーイングバージョン」をコンセプトに、ニュルブルクリンク24時間レースを始めとした実戦で得られたノウハウを投入している。

ボンネットやルーフ、トランク、ウィングまで全てCFRP製。フロントフェンダーには冷却アウトレット付きエアロフィンサイドガーニッシュを装着している。車重は1200kg
ボンネットやルーフ、トランク、ウィングまで全てCFRP製。フロントフェンダーには冷却アウトレット付きエアロフィンサイドガーニッシュを装着している。車重は1200kg

 エクステアはCFRP(カーボン・ファイバープラスチック)製ボンネット/トランク/ルーフを装着しているが、先に発売したTRDの14Rシリーズに比べれば大人しいルックス。インテリアはリヤシートが撤去され、フロントシートは専用のレカロ製シートが驕られている。その他、見えない部分でボディブレースバー等を装着し、ボディ剛性を向上させている。注目はパワートレインで、可変インテークマニホールド採用やエンジン内部の低フリクション化で中回転域での出力を重視した(パワーは未公表)。

 開発者の野々村真人氏によると「ニュル24時間レースでのノウハウを元に開発を行いましたが、決してサーキット専用車ではありません。例えばサスペンションのバネレートもノーマル+αの範疇であり、しなやかに足を動かす味つけとなっています」。ひょっとしたらGRMN86は、BMWのMというよりもアルピナのような性格なのかもしれない。

 発売時期に関して野々村氏は明言を避けたが「現在は生産に向けて調整を重ねています」とのこと。通常の新車リリースから推測するに、このペースで順調に進めば発売は年末くらいだろうか? 価格や車両詳細など続報が入り次第、本ウェブでレポートしたい!

画像ギャラリー