[動画]レヴォーグが初の年次改良で運転支援機能をバージョンアップ (1/2ページ)

[動画]レヴォーグが初の年次改良で運転支援機能をバージョンアップ

4つの安全装備が追加された

 スバル・レヴォーグが年次改良を敢行。B型へと進化し、4月21日より発売を開始する。

【関連記事】日本のスバリスト涙! 国内では販売終了したのに北米では「WRX STI」が買えるワケ

00000022

 今回の改良で注目すべき点は、なんといってもアイサイトのバージョンアップ。「アドバンスドセイフティパッケージ」として展開を開始。全グレードに標準装備させた。
この「アドバンスドセイフティパッケージ」のポイントは、すでに高い評価を受けているアイサイトver.3に、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)/サイドビューモニター/ハイビームアシスト(ハイ/ロービームの自動切り替えと自動防眩ルームミラー)/アイサイトアシストモニターを追加したことだ。

 アドバンスドセイフティパッケージの動画は次ページにて

画像ギャラリー