F1の興奮を新東名・清水PAで楽しめる!

F1の興奮を新東名・清水PAで楽しめる!

 今年は、7年ぶりにホンダがパワーユニットを供給する形でF1に復帰。シーズン当初からF1に対する興味が社会的にも高まっている。

 2月10日にはホンダ本社で体制発表を行い、多くの報道陣が集まったのはもちろんだが、本社ビル前に並べられたホンダ歴代F1マシンは多くの人から注目を浴びていた。

 そんなF1熱が高まる今年のF1日本グランプリは、9月25日(金)~27日(日)に鈴鹿サーキットで開催。それに向けてF1の魅力を多くの人に知ってもらおうと、鈴鹿サーキットと中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が コラボレーション。新東名高速道路の清水PA(静岡県・NEOPASA清水)にF1日本グランプリ特設ブース設置した。

 もともと清水PAはクルマやバイクを展示するスペースを設けられているのが特徴のパーキングエリア。上下線で同じ施設を共有しているため、今回のF1特設ブースは新東名高速道路両方向で利用することができる。

 特設ブースは、GW期間を含む4月15日(水)~5月6日(水・振休)に設置される。

 前半期間は、F1期間中にファミリーで楽しめることをアピールするために鈴鹿サーキットの遊園地「モート ピア」にある人気の乗り物2機種(ブッチグランプリ/キッズバイク)を展示し、GW期間には新たな展示を予定しているという。

■特設ブース設置期間:4月15日(水)~5月6日(水・振休)
■展示内容: 【前半期間】4月15日(水)~5月2日(土)モートピア乗り物2機種(ブッチグランプリ/キッズバイク)を展示 ※6:00~22:00の予定

 プッチグランプリ:家族や仲間と一緒に乗ってミニ鈴鹿サーキットをタイムアタック。 スピードアップボタンなどで基準タイムクリアを目指す。
キッズバイ ク:電動式の専用車両で補助輪なしの自転車に乗れるお子様(3歳以上)が バイク走行体験できる。

 【GW期間】5月3日(日・祝)~5月6日(水・振休) ※展示調整中

 鈴鹿サーキットのホームページ>>>http://www.suzukacircuit.jp/

画像ギャラリー