5月3日から3日間限定でNEOPASA清水にF1マシンを展示

5月3日から3日間限定でNEOPASA清水にF1マシンを展示

 7年ぶりにF1へ復活したホンダ。それを記念して鈴鹿サーキットを経営するモビリティランドとNEXCO中日本がコラボレーション。新東名高速道路NEOPASA清水(清水PA)で特設ブースを4月15日より展開し、ゴールデンウイーク最終日の5月6日までの約半月というロングラン開催となっている。
その最後の3日間となる5月3日(日)〜6日(水)に、2007年のF1世界選手権でジェンソン・バトンやルーベンス・バリチェロがドライブした「ホンダRA107」をフードコート横で展示することが決定した。

ホンダRA107
ホンダRA107

 さらに2015年9月25日から開催されるF1日本グランプリのテーマである「JAPAN RISING 夢、再び。」のロゴをデザインした各種オリジナルグッズやF1関連グッズの販売も行われる。
また鈴鹿サーキット内の遊園地「モート ピア」で人気の乗り物もも展示されている。

 静岡県のNEOPASA清水は、新東名高速道路上下線で一つの施設を使用するので、走行方面を問わずアクセス可能。クルマ好き、F1ファンには見逃せない期間限定スポットとなる。

  

 関連記事>>>https://www.webcartop.jp/2015/04/8024

 NEXCO中日本の関連記事>>>http://sapa.c-nexco.co.jp/sapanews?sapanewsid=4016
鈴鹿サーキットのホームページ>>>http://www.suzukacircuit.jp/

  

画像ギャラリー