日本EVフェスティバル、21回目を無事開催! (1/2ページ)

日本EVフェスティバル、21回目を無事開催!

 昨年秋に開催20回を数えた「日本EVフェスティバル(日本EVクラブ主催)」。21回目となる大会は、2015年5月3日に筑波サーキットのコース1000で開催された。

JapanEVFes2015_002この日本EVフェスティバルは、まさにコンバートEV(改造EV)愛好家や自動車専門学校の学生のためのイベント。それぞれが作り上げてきたEVを展示&走行するレースを中心に、自動車メーカーのエコカー試乗会なども開催されている。

茨城県結城郡八千代町の、生産量日本一を誇る白菜がモチーフのゆるキャラ「八菜丸」も来場。
茨城県結城郡八千代町の、生産量日本一を誇る白菜がモチーフのゆるキャラ「八菜丸」も来場

 今回は会場が、筑波2000からコンパクトな筑波1000へ変更となったことで、これまでとは異なった雰囲気となった。ただ、前回の開催から半年、ということもあってか、顔ぶれも、車両も大きな変更はなく、会場の雰囲気自体は例年通りといった感じだ。

  

JapanEVFes2015_003
ERK30分ディスタンスチャレンジ、トップでチェッカーを受けたのは、#64 TSM-ERK-A01(トヨタ東自大)。3年連続優勝となった

 午前中にはEVカート(ERK=エレクトリックレーシングカート)による30分の耐久レースが行われ、全19台がエントリー(内訳は鉛電池48Vが6台、鉛電池72Vが6台、そしてリチウムイオン電池搭載車が7台)。ドライバーは2人以上、ピットイン回数は5回が義務付けられており、わずか30分だがなかなか見応えのあるレース。最後の最後でトップを走行していた車両がピットインし、運営側も混乱(?)という場面も見られた。

 コンバートEV(改造EV)が主役のイベントだが、会場内では、メーカーのEVやPHEV、ハイブリッド車の試乗会も行われた。今回持ち込まれたのは、トヨタ・プリウスPHV、トヨタ・アルファードHV、ホンダ・フィットEV、ホンダ・アコードPHEV、三菱i-MiEV、三菱アウトランダーPHEV、日産リーフ、BMW i3)、フォルクスワーゲンe-up !、テスラモーターズ モデルS、スマートブラバスEDといった車両をコース1000からオートレース育成施設のオーバルコースを回って往復するコースとなって、多くの車両が自分で運転できるようになった(一部の車両は同乗試乗)。

JapanEVFes2015_024
ジャーナリストトークというプログラムでは、これらのモータージャーナリストがトークショーも開催

 また、毎度恒例だが、津々見友彦さん、片岡英明さん、斉藤慎輔さん、石井昌道さん、桂伸一さん、斎藤聡さん、吉田由美さん、諸星陽一さんといったのモータージャーナリストの皆さんがこの試乗担当として集結した。

画像ギャラリー