【ニュル24hレース特集】クオリファイレースってなに?

【ニュル24hレース特集】クオリファイレースってなに?

 ニュルブルクリンクでは、VLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)と呼ばれる耐久レースシリーズが開催されている。2015年のシリーズも3月28日の第一戦から10月31日の第10戦まで開催となる。ニュル24時間レースに参戦するドライバーは、必ず、このVLNシリーズに参戦し、経験を積んでから本戦に臨むこととなる。

【関連記事】日本人にとって夢の「海外サーキット」! レーシングドライバーの前に立ちはだかる「巨大な壁」への挑戦とは

VLN Langstreckenmeisterschaft Nuerburgring 2014, 39. DMV 4-Stunden-Rennen (2014-04-12): Foto: Jan Brucke

 VLN耐久レースとは別に、4月11日~12日、6時間のレースが行われた。これが「ADAC qualifying race 24h」である。43rd ADAC Zurich 24h Race 2015(第43回ニュルブルクリンク24時間耐久レース)を前に開催された予選レースとなる。

 予選レースといっても、本戦の予選セッション自体は、5月14日、15日ともに用意されていて、それとはまったく別。そのため、本戦の予選グリッドには関係はない。しかし、この6時間レースで上位に入ったマシンには、本戦のトップ30クオリファイに進出できる権利が与えられることとなる。

 このクオリファイレースには、GAZOO RacingとSTIともに参戦した。単純に決勝のグリッドだけでなく、ここでマシンの最終的なチェックやドライバーのコース馴れを進める機会ととらえるチームが多くいる。
そのため、4月25日のVLNの第2戦ともにGAZOO Racing、STIともに参戦している。

画像ギャラリー