スズキ・ハスラーがS-エネチャージ搭載で燃費性能を向上

スズキ・ハスラーがS-エネチャージ搭載で燃費性能を向上

 スズキは、SUVテイストの軽自動車として人気がある「ハスラー」の一部グレードを改良し、5月13日に発表した。

 ハスラーは4月の新車販売台数で3位に入るなど、軽自動車税の増税後も好調な販売を見せている人気モデルだ。

【関連記事】N-VAN vs エブリィ vs ハイゼットの「軽バン」最強決定戦! 圧倒的な荷室が勝敗を分けた

im0000003319

 スズキ・ハスラーのエンジンラインアップは、自然吸気とターボの2種類。これに組み合わされるトランスミッションは、ターボが全車CVT、自然吸気エンジンはCVTと5速MTが設定されている。

 今回の改良のトピックは「S-エネチャージ」の搭載だ。これまで「A」を除くCVT車に、減速時のエネルギーで発電・充電し、燃料消費を抑える「エネチャージ」が搭載されていた。今回の改良で「A」を除く自然吸気エンジン、CVT搭載車は、加速時にモーターでエンジンをアシストする「S-エネチャージ」へと進化した。

 Sエネチャージは、駆動力のアシストにISG(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)」を使用。低燃費化だけでなく、アイドリングストップからの再スタートもISGを使用することで、セルモーターでの始動よりも静粛性に優れる点も特徴だ。

 Sエネチャージ搭載車では今回の改良で圧縮比の向上、EGRシステムの追加、エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用などにより、JC08モード燃費はFF車で32.0km/L、4WD車は30.4km/Lにそれぞれ向上。これにより、S-エネチャージ搭載車は全車エコカー減税で自動車取得税と自動車重量税が免税(100%減税)となる。

ハスラー「S-エネチャージ」搭載車価格一覧

商品名機種名エンジン駆動変速機燃料消費率
JC08モード走行
(km/L)
エコカー減税
(取得税/重量税)
価格(消費税込)
ハスラーG0.66L
DOHC
吸排気
VVT
2WDCVT32.0免税126万1440円
4WD30.4138万7800円
X2WD32.0142万3440円
4WD30.4154万9800円
特別仕様車
J STYLE
2WD32.0149万4720円
4WD30.4162万1080円

  

 ほかにもボディカラーに「クリスタルホワイトパール」「クリスタルホワイトパール ブラック2トーンルーフ(Aグレードを除く)」の2色を新たに追加設定している。

 <関連記事>

2014年3月1日ハスラーは見て乗って使ってワクワクする軽自動車
https://www.webcartop.jp/2014/03/485

画像ギャラリー