200km/hまで僅か8.3秒!V8フェラーリ「488GTB」日本登場

200km/hまで僅か8.3秒!V8フェラーリ「488GTB」日本登場

 488 GTBは、「458イタリア」の後継車にあたるフェラーリ伝統のV8搭載の最新モデル。GTBとはGranTurismo Berlinettaの頭文字を意味する。488GTB

  

排気量をダウンサイジングしながらもターボを採用することで100psの出力向上を果たした新型3.9L V8エンジン
排気量をダウンサイジングしながらもターボを採用することで100psの出力向上を果たした新型3.9L V8エンジン

 パワーユニットには3.9L V 8ターボエンジンを採用し、最高出力は492kW(670PS)/8000rpm、最大トルク760Nm/3000rpmを発生。トランスミッションには7速DCT(7速F1デュアルクラッチ・トランスミッション)を組み合わせる。0‐100km/h加速は3秒で、0‐200km/h加速が8.3秒、最高時速は330km/h以上と、フェラーリの最新モデルらしいハイパフォーマンスを発揮する。

  

488GTB「ターボラグ・ゼロ」を謳う最新のターボエンジンは、わずか0.8秒の応答性を実現。7速DCTとの効果も相まって、1速からの発進から4速ギヤでリミッターが作動するまで、わずか6秒。

 また、加速性能だけでなく制動性能もハイパフォーマンスだ。エクストリーム・デザイン・ブレーキシステムを採用することにより、200km/hからの制動距離はわずか117m(458イタリア比で-9m)を実現している。

 さらに、最新モデルらしく環境性能にも配慮。ターボエンジンの採用により燃費は11.4L/100km(約8.77km/L)を実現。
また、圧倒的なハイパワーでありながらサイドスリップ・アングル・コントロール・システムや最新の車両制御システムを取り入れ、アクティブダンパーなどとも統合制御することで高速度域でも安定したパフォーマンスを発揮することが可能だ。

 エクステリアは、F1マシンを彷彿とさせるフロントノーズに、空力を追求したインテークを備える。サイドに備わるエアインテークはフェラーリのV8初代モデルをオマージュしたデザインを取り入れ、ダウンフォースを50%も向上させた空力性能を追求しながらも、美しさにもこだわったエクステリアとなっている。

 インテリアでは、新開発のインフォテイメントシステムを採用。ステアリングに主要な操作スイッチをまとめることにより、ドライバーへの負荷を軽減。さらに、488GTBのシートは、ヘッドレストが新たに固定式となったことでサポート性と快適性を高めている。

フェラーリ488GTBギャラリー

 <レポート:井元貴幸>

 <関連記事>
2015年2月4日Ferrari本社マラネッロから突如アナウンスされた488GTB
https://www.webcartop.jp/2015/02/5196

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー