ホンダジェットがジュネーブのビジネス航空ショー・デビュー!

ホンダジェットがジュネーブのビジネス航空ショー・デビュー!

 ホンダが機体設計からエンジンまで作り上げたビジネスジェット「HondaJet」。4月23日に日本(羽田空港)をスタートにしたワールドツアーは、日本国内の6ヵ所の空港でデモンストレーションフライトが実施。のべ1万人以上の来場者があったそうだ。

アルプス山脈を飛行するHondajet
アルプス山脈を飛行するHondajet
EBACEの展示会場(ジュネーブ)に到着したHondaJet
EBACEの展示会場(ジュネーブ)に到着したHondaJet

 ワールドツアーは、日本に続き欧州へ初飛来し、スイスのジュネーブで開催されている欧州最大のビジネス航空ショーであるヨーロピアン ビジネス アビエーション コンベンション アンド エキシビション(EBACE2015)にて実機公開を行った。
EBACE2015の後は、ポーランド、英国、ドイツおよびスイスの9都市でお客様に試乗していただき、デモンストレーションフライトを行う予定。そのデモンストレーションフライトは4万8000kmを超える。

 HondaJetの開発責任者であり、ホンダ エアクラフト カンパニー(HACI)社長の藤野 道格さんは、
「この度、HondaJetを欧州で初公開することができ、とてもうれしく思います。ワールドツアーにおいてHondaJetはさまざまな環境下で飛行し、運用や信頼性の面でもお客様へのデリバリーへの準備が整っていることを確認できました」と語った。
また、欧州におけるHondaJetのディーラーネットワークにマーシャルアビエーションサービス社を加え、販売およびサービスネットワークを強化したことも発表。

 アメリカ・ノースカロライナ州グリーンズボロ市にあるHACIの本社工場では、デリバリーに備えてすでに3機のHondaJetが飛行検査を行っており、また20機のHondaJetが製造ラインで組立中だという。

 <関連記事>
2015年4月24日 [動画]本田宗一郎の夢だったHondaJetが日本初公開
https://www.webcartop.jp/2015/04/8303

画像ギャラリー