【ニュル24hレース特集】カーデザイナーも24時間耐久?

【ニュル24hレース特集】カーデザイナーも24時間耐久?

 ニュルブルクリンク24時間耐久レース開催時のグランドスタンド裏のリングアリーナ、リングブルバードには、自動車メーカーはもちろん、タイヤメーカーからドイツのミニカーメーカー「ジク」やドローンメーカー「DJI」まで各社のブースが出展していた。

【関連記事】メルセデス・ベンツGLCクーペにマットグレーの車体色を採用した特別仕様車「マグノナイトエディション」を設定し発売

EdgarChu001このリングアリーナのメルセデスAMGのブースで、なにやら作業を行っているスタッフを発見。まだブースが完成していないのか? とおもいきや、どうも様子が違う。

EdgarChu002じっくりとみていると、下絵を元に、直接ガラス板にドラフティングテープを貼っていてこれで絵を仕上げるようだ。
EdgarChu005レースがスタートして、再び訪れるとだいぶ完成に近づいていた(上の写真は15日の午後3時半時点、下の写真が17日の午前10時時点)。

EdgarChu003EdgarChu004このグラフィックを制作していたのは、台湾系オーストラリア人のEdgar Chu(エドガー・チュー)さん。日産のデザイナーであったこともあり、このMercedes-AMG GT3のデザインをしたその人である。

「しっかり寝ているよ」といいつつもだいぶお疲れの様子。パフォーマンスも大変だ。

画像ギャラリー