【ニュル24hレース特集】GT-Rにとってニュルはやはり特別な場所?

【ニュル24hレース特集】GT-Rにとってニュルはやはり特別な場所?

 ニュルブルクリンクの観客席裏のリングブルバードにある日産のショールームは、日産のスポーツ車の展示とロゴ入りウェアやキャップなどのアイテムを販売するスペースとなっている。今回のニュルブルクリンク24時間耐久レース時は、ジュークNISMOやGT-R、そしてフェアレディ370Z NISMOが展示されていた。

 ショールームは、グランプリコースのストレートが見渡せるようになっている。広々としたスペースだが、車両展示よりも大きなスペースが取られているのが、下の写真奥にあるもの、だ。

【関連記事】日産GT-Rニスモ2022年モデル公開! マクドナルド・ハッピーセットとのコラボレーションも発表

Nissan2それが、ニュルブルクリンクのジオラマ、である。
サイズは大きく、高低差も再現されているので、実際にコースを確認するのにもピッタリだ。
Nissan4

Nissan5そして、そのジオラマの片隅に置かれているモニターには、GT-R NISMOがニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで記録したラップタイム7分8秒679が誇らしげに掲げられている。

 1年半以上、この掲示タイムは固定されたままだ。次に更新されるのはいつだろう?

画像ギャラリー