ルノー・メガーヌに装備と価格のベストバランスグレード「ゼン」追加

ルノー・メガーヌに装備と価格のベストバランスグレード「ゼン」追加

 ルノーを代表するCセグメントモデル「ルノーメガーヌ」に、装備と価格をベストバランスさせた「ゼン」が追加され。5月26日(火)より販売を開始する。

【関連記事】欧州でのバカ売れは伊達じゃない! 新型ルーテシア&キャプチャーでの400kmロングランは感動ものだった

メガーヌハッチバックゼン_外観

「ルノーメガーヌ」はハッチバック、ルノー・スポール(2ドア)、エステートと豊富なボディ形状をラインナップするルノーの代表的モデル。
スポーツモデルのメガーヌ ルノー スポール トロフィー Rは、2014年6月にニュルブルクリンクサーキットでFF量販車世界最速ラップ7分54秒36を記録。その仕様の限定車はクルマ好きの間で注目を集めた。
その一方でハッチバックは、スポーツ性と快適性を高次元でバランスさせたGT、毎日の運転をスポーティに楽しめるGTラインの2グレードで構成されていた。

  

メガーヌハッチバックゼン_ダッシュボード新設定された「ゼン」は、ルーテシアのゼンと同様に装備と価格をバランスさせたグレードだ。

 エクステリアは、ホワイトヘッドライトサラウンドと、LEDポジションランプ/グレーメタリックランプグリルにより、フロントマスクのスポーティさを強調。しかし、足まわりには舗装路はもちろん、ヨーロッパに多くみられる旧市街の石畳や山岳地域の荒れた路面など、どんな路面状況でも乗り心地を損なわずに安定して走行できるよう、しなやかなサスペンションが採用されている。

 インテリアには視認性の高いデジタルメーター、乗り降りのしやすい形状のシートなどを採用したほか、バックソナー、オートワイパーなど充実した装備を採用する。

 パワーユニットには、GTラインにも搭載されているパワーと低燃費を両立した1.2L直噴ターボエンジン。これに組み合わせるトランスミッションは、同じくスムーズかつダイレクトに路面に伝える6速エフィシエント デュアル クラッチ(DCT)を採用する。

 あらたに追加された「ゼン」は、必要な装備だけ的を絞ったことで249万円という価格を実現。メガーヌ本来の本質的な魅力を存分に味わえるモデルといえそうだ。

 <レポート:井元貴幸>

 <関連記事>
2014年12月25日 ルーテシアの末っ子はスタイリッシュな0.9Lターボ
https://www.webcartop.jp/2014/12/4031

 2014年12月26日[動画]メガーヌR.S.トロフィーRが筑波FF最速タイムを塗り替える
https://www.webcartop.jp/2014/12/4022

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー