トヨタWRC復活に新井/勝田ジュニアが参戦するか?

トヨタWRC復活に新井/勝田ジュニアが参戦するか?

ラリーチャンピオンを父に持つ若きドライバーが世界を目指す

 TOYOTA GAZOO Racingは、ラリーで世界に挑戦する若手ドライバーを支援するプログラム「TOYOTA GAZOO Racingチャレンジプログラム」のドライバーとして新井大輝選手と勝田貴元選手を決定した。

 この2名は、本ウェブでも注目している全日本ラリーに参戦するラリースト。新井大輝選手は元P-WRC世界チャンピオン新井敏弘選手の長男、勝田貴元は元全日本チャンピオンの勝田範彦選手の長男と、ともに2世ドライバーだ。

「TOYOTA GAZOO Racingチャレンジプログラム」は、カテゴリーを問わずJAF公認競技に参戦経験のある26歳以下(2015年4月1日時点)の若手ドライバーを対象に、2月19日から公募を開始。公募最終日の3月9日までに71名のエントリーしたそうだ。
書類選考による1次選考を通過した7名のうち4名が、4月末~5月初めにかけてフィンランドにおいて行われた2次選考に参加した。
このとき世界のトップアスリートも利用するスポーツ機関での体力テスト・心理テスト、ラリークロストラックおよび林道でのドライビングテストを実施。元WRCチャンピオンのトミ・マキネン選手をはじめとする講師陣が総合的に判断した結果、新井選手と勝田選手が選ばれたわけだ。

 今後は、トミ・マキネン選手に加えミッコ・ヒルボネン選手といったWRCの覇者、そして複数のフィンランド人講師の協力を得て、6月末頃よりフィンランドにおいてトレーニングを開始する予定だ。

 今年度は、フィンランド国内選手権、ポーランド国内選手権へのスポット参戦といった実戦トレーニングの機会を提供するという。
トヨタは、「両名には、本プログラムを通じて世界の道で通用するラリードライバーへと成長することを期待しています。なお、国内では“Team TOYOTA GAZOO Racing”のドライバーとして全日本ラリーへも参戦予定です」とコメント。

全日本ラリーにはともに先代インプレッサで参戦

 トヨタがWRCに復活する2017年に、この二人の若きラリードライバーがワークスマシンのステアリングを握っていることを期待したい。

 <関連記事>
2015年1月30日 TOYOTAが18年振りにWRCに参戦!

 2015年4月18日 全日本ラリーで密かに注目されたジュニア対決 その1
https://www.webcartop.jp/2015/04/8077

 2015年4月27日 全日本ラリーで密かに注目されたジュニア対決 その2
https://www.webcartop.jp/2015/04/8087

画像ギャラリー