メルセデスAMG C63に名称変更。ダウンサイジングターボで節税

メルセデスAMG C63に名称変更。ダウンサイジングターボで節税

新世代AMG第2弾はCクラスに投入

 メルセデス・ベンツで今や代表的な存在ともいえるCクラス。世界中で人気のあるこのクルマに待望のAMGモデルが追加となった。

今後はAMG専門のディーラーも用意したいと上野金太郎社長はコメント
今後はAMG専門のディーラーも用意したいと上野金太郎社長はコメント

 先日登場したばかりの「メルセデスAMG GT」の名称に合わせる形で、C63も「メルセデスAMG C63」と呼称変更。これにより、今後“メルセデスAMG”は究極のハイパフォーマンスを追求、そしてもうひとつの“メルセデス・マイバッハ”は究極のエクスクルーシブ性をテーマに、それぞれ展開していくことになる。

 今回追加となったメルセデスAMG C63は、先代モデルではNA6.3LV8エンジンだったが、このモデルから4LV8ツインターボに変更。これはメルセデスAMG GTに搭載されているものと基本設計は同じで、2基のターボはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側にレイアウトする“ホットインサイドV”レイアウトを採用した。そのため、エンジン本体をよりコンパクトにでき、さらにターボへの吸排気効率も高められるためアクセルレスポンスの向上に大きく貢献する。この手のクルマを購入する人は意識することはないだろうが、自動車税は先代モデルは6.3Lだから11万1000円。対して新型は4Lだから6万6500円。年間4万4500円の節税となる。

 新型C63で注目したいのは、C63Sに標準装備されるAMGダイナミックエンジンマウントだ。液体可変マウントが、ドライビングの状況に合わせてその硬さを自動で調整するというもの。通常走行では柔らかくすることで、ドライブトレインからのノイズや振動を遮断して快適性を保つ。対してスポーティな走りを楽しむときは硬くなり、ドライブトレインのロールモーションを減少してクイックなコーナリングが可能になるのだ。

可変バルブ付きのエキゾーストシステム。C63はひとつ、C63Sは3つ備える。これは、日本から本国へ提案し、採用されたアイテムのひとつだ
可変バルブ付きのエキゾーストシステム。C63はひとつ、C63Sは3つ備える。これは、日本から本国へ提案し、採用されたアイテムのひとつだ

 マフラー内のフラップでエキゾーストノートを変えられるシステムを搭載。C63はひとつの可変フラップとなる“AMGスポーツエグゾーストシステム”を、C63Sは3つの可変フラップを備えた“AMGパフォーマンスエグゾーストシステム”を装備している。トランスミッションの制御モードに合わせて排気音が変化し、ドライブシーンに合わせたサウンドを演出する。

 トルクコンバーターではなく湿式多板クラッチを採用した7速ATや、減衰特性が調整可能な電子制御サスペンション、専用大型ブレーキシステムといった専用装備も満載。さらに、ベースのCクラスでも採用したアルミニウムハイブリッドボディによって、ハイパフォーマンスモデルにふさわしいクルマへと仕立てられている。

 また、新型C63の誕生を記念した限定車「エディション1」も設定。セダンが350台、ステーションワゴンが50台の合計400台を用意し、スタンダードなC63シリーズに先駆けて発売が開始されている(ステーションワゴンのエディション1は6月中旬ごろの発売)。

 ベーシックなC63シリーズの発売は10月ごろの予定。気になるプライスはメルセデスAMG C63が1195万円、C63Sが1325万円(税込み。ステーションワゴンは80万円高)となっている。

 <レポート&写真:CARトップ原田貴俊>

諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー