シボレー コルベット「Z06」が浅間ヒルクライムで日本初公開

シボレー コルベット「Z06」が浅間ヒルクライムで日本初公開

 5月30日(土)~31日(日)、長野県小諸市のチェリーパークラインを舞台に開催された浅間ヒルクライム2015。その1日目となる5月30日、メイン会場であるASAMA2000パークのGMブースで「シボレー コルベット Z06」のクーペとコンバーチブルが発表された。
CorvetteZ06_001CorvetteZ06_004このZ06は、レースカーのシボレーコルベット C7.Rと技術を共有する。ボディは、カーボン、アルミニウム、マグネシウムなどで軽量化と高い剛性を両立する。

 搭載するエンジンは、6.2LV8直噴OHVにイートン製ルーツ式スーパーチャージドを組み合わせ最高出力485kW(659PS)、最大トルク881N・mを発揮。0-60mph(約96.5km/h)加速で2.95秒(8速AT搭載のZ07パフォーマンスパッケージ装着車)という性能を持つ。

 コックピットはベース車と共通のデザインながら、それを強調する独自のカラースキームやフラットボトムのステアリングホイールといったZ06専用装備を採用している。
なお、トランスミッションは、クーペが7速MTと8速AT、コンバーチブルは8速ATという設定になっている。

 3ピースリヤスポイラーは、量産車初の調整式。ネジを緩めて高さを変更。また、その部分が透明になっているため、後方視界も確保する。

 上は、オプションのZ07パフォーマンスパッケージ装着車。エアロパーツで最適なダウンフォースを発揮し、カーボンセラミック製ブレーキローターとミシュランCup2タイヤを装着する。

 ブレンボ製ブレーキシステムを採用する。エアロシステムやオーバーフェンダーが装着されるため、コルベット史上でもっともワイドなボディとなっている。

 ちなみに、クーペの7MT車は1380万円(税込み)と価格が発表されているが、クーペおよびコンバーチブルの8AT車の価格は後日発表となる。

諸元表
車名 ---
グレード ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×---
ホイールベース (mm) ---
トレッド 前/後 (mm) ---/---
車両重量 (kg) ---
パワーユニットタイプ ---
排気量 (cc) ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) ---
駆動方式 ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/---
ブレーキ 前/後 ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/---
JC08モード燃費 (km/L) ---
価格 (万円・税込) ---

画像ギャラリー