6年ぶりにゴルフとポロに超ホットモデルが復活 (1/2ページ)

6年ぶりにゴルフとポロに超ホットモデルが復活

6速MTの受注は6月11日より開始

「ゴルフ R」、「ゴルフ GTI」、「ポロ GTI」といったフォルクスワーゲンの人気スポーツハッチバック3モデルに、6年ぶりとなるマニュアルトランスミッション(MT)モデルを設定された。受注開始は6月11日(木)からで、デリバリーは、「ゴルフ R」と「ポロ GTI」が9月から、「ゴルフ GTI」は10月からを予定している。

【関連記事】VWゴルフ トゥーランが仕様変更! パワートレインの変更や最新インフォテイメントを採用し利便性向上

GOLF & POLO

  

 これまでフォルクスワーゲンジャパン(VGJ)としては、変速時のトルク切れが無く、スムースでパワフルなシフト感覚と低燃費性能を高次元で融合する「DSG」トランスミッションを主にラインアップしてきた。

 しかし、“自らクルマを操る喜びや、楽しみを感じたい”というMTモデル復活を望む多くのユーザーの要望に応え6年ぶりに復活。VGJでは、一人でも多くのユーザーに「ゴキゲン♪」なドライビングプレジャーを提供したいとしている。

 今回、新たに設定するMTモデルは、全てフォルクスワーゲン製の3軸構造を持つ6速MTを搭載する。

GOLF & POLO

「ゴルフ R」と「ゴルフ GTI」では、エンジンの最高出力、最大トルクは共DSGモデルとの変更はない。サスペンションは、「ゴルフ R」にはDSGモデル同様に専用のスポーツサスペンションを装着するほか、電子制御サスペンションのアダプティブシャシーコントロール“DCC”も標準装備。「ゴルフ GTI」ではオプション設定となる。

画像ギャラリー