「ル・マン24h」半身LEGOのポルシェ911RSRって何者?

「ル・マン24h」半身LEGOのポルシェ911RSRって何者?

■車体の右半分が超精密なLEGOブロックで作られた
2015年ル・マンGTE Proクラスの911RSRが出現!

 ル・マンのパドックにあまりにも普通に飾られていたので気がつかなかったプレス関係者が多くいたほど、それは驚くほど実車を精密に再現していた。LEGOブロックと言えば、ある一定以上の年齢の男性なら誰でも子供の頃に一度は手にしたことのあるデンマーク製のプラスチック玩具だ。最近ではLEGOのアニメ番組があるほど子供たちには世界的に大人気だし、日本にもテーマパーク建設計画があるほど認知度も高い。

 そんなLEGOブロックを使って忠実に再現されたのが、ポルシェ997型911RSRだ。今年のル・マンのGTE Proクラス参戦マシンの実車に負けないほどリアルな仕上がりを見せる。そのデキは写真を見ていただいてもお分かりのように、車体に貼られたロゴはもちろんのことRSR特有の張り出した抑揚のある前後フェンダー形状やリヤの複雑な形状なデフューザーなど「ここまで再現するか!」と驚かされほど忠実だ。LEGO

 それもそのはず、このLEGO製RSRの製作時間はLEGO製作プロの大人が4人で取りかかって600時間を要し、使用したブロック数はなんとおよそ38万個(!)に及ぶという。実際のサイズは実車とまったく同一の全長4537mm、全高1212mmとなっている。唯一の違いは重量で実車の1245kg(@1台分)に対してLEGO製は450kgと半分以下の超軽量。

 来年のル・マンはLEGOワークスポルシェの超軽量RSRがサルテサーキットを席巻するかもしれない!?

 <レポート&写真:交通タイムス社 山本 亨>

 <関連記事>
2015年6月12日「ル・マン24h」精度と技術力でトップを狙うAudiチーム

画像ギャラリー