裏技!高速出口を間違えても追加料金ナシでUターン

裏技!高速出口を間違えても追加料金ナシでUターン

逆走・バック厳禁! 高速道路で目的のインターを通り過ぎても大丈夫

 カーナビを使ってのドライブが当たり前になってきた昨今だが、それでも時に人は道を間違えるもの。一般道なら、少々通り過ぎてもUターンすればいいだけだが、高速道路を走っていて、「あっ、いまのインターで降りるんだった!」となったら、どうしますか?逆走

 ごくまれに、観光シーズンなどで、高速の出口付近やインターチェンジの分岐付近で、ハザードランプを点滅させながらクルマをバックさせている人を見かける。だが、これは非常に危険なので絶対にやめてほしい。このような行為は、最近大きな問題となっている高速道路の逆走に十分値する。

降りるインターを通り過ぎてしまったときは、素直に次のインターを目指しましょう。これは鉄則!

「でも、次のインターで一度高速道路を降りてからUターンして、再度一区間だけ高速道路に乗って戻ってくると余分な料金がかかってしまう。だからといって、一般道を使っている時間もないし……」

 そんなときは、「特別転回」という制度を活用させてもらうといい。
この制度を利用すれば、追加料金なしで当初の目的のインターまで戻ることができるのだ。

「特別転回」の手順は以下の通り。

①降り損ねたインターの次の(イチバン近い)インターに向かう。このとき、ETCカードは予め車載器から抜いておくのがポイント

②インターの出口では、無人のETCゲートではなく、有人の「一般ゲート」へ向かう。

③ゲートの係員に「降りるインターを間違えてしまった」と事情を説明して、ETCカードを提示。ETCを利用していない場合は、通行券を係員に渡して「特別転回承認」の印を押してもらう。

④係員の指示に従ってUターン。(ゲートを出て、すぐにUターンできるところもあるし、一般道までいったん出てから、反対車線で入口ゲートまで戻ってくる場合もある)。

インターの入り口は、必ず有人の「一般ゲート」に並び、ETCカード(出口で車載器から抜いたままにしておく)もしくは前記の通行券を提示。

⑥係員がバーを開けてくれたら、高速道路に再進入したらETCカードを忘れずに車載器に挿入。そして当初の目的のインターへ向かえばOKだ。

  

 ただし、この「特別転回」は、あくまで“特別”な救済措置で、本来は事故や異常気象、工事などで目的のインターが使えない時のために用意されている制度。
NEXCO東日本のお客様センターに訊ねたところ、「道路状況や交通量、インターチェンジの構造などの関係で、どの料金所でも『特別転回』が可能というわけではありません。現場の係員の指示に従ってください」とのこと。

 また、スマートインターなど、有人のゲートがない料金所では使えないので要注意。
それでも、この制度は覚えておいて損ではないはず。高速道路の本線上でバック(逆走)することに比べたら何百倍も安全なのだから。

画像ギャラリー