EVレースで女子ドライバーが1位、2位を独占! (1/2ページ)

EVレースで女子ドライバーが1位、2位を独占!

  

 6月14日(日)、JEVRA(全日本電気自動車グランプリ)シリーズの第3戦が、千葉県・袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された。電気自動車で競うこのレースの距離は55km。前回第2戦の筑波戦に続き、岩岡万梨恵選手がBMW i3で参戦した。

【関連記事】走り命! イジり前提! 「割り切り感」が潔すぎる「モータースポーツベース」のナンバー付き市販車3選

WIMS岩岡選手は、FIA(国際自動車連盟) Women in motorsport commissionアジア代表委員であり、レーシングドライバーの井原慶子さんとマツダが協力して、モータースポーツ界で活躍する女性を発掘・育成する プロジェクト「Mazda Women in Motorsport Project 2015」のメンバーである。

写真センターオレンジ色のスーツを着ているのが北平絵奈美選手。をの左隣が岩岡万梨恵選手だ
Mazda Women in Motorsport Project 2015のメンバーも応援に駆け付けた袖ヶ浦のパドックにて。写真右が井原慶子さん、オレンジ色のスーツを着ているのが北平絵奈美選手。その左隣が岩岡万梨恵選手だ

 さらに今回は、同じMazda Women in Motorsport Project 2015のメンバーの中から、北平絵奈美選手選手も参戦。早くもこのプロジェクト2人目のレース参戦が実現したことになる。

画像ギャラリー