トヨタ「新型ディーゼルエンジン」をプラドに搭載!

トヨタ「新型ディーゼルエンジン」をプラドに搭載!

■約8年振りにランドクルーザープラドがディーゼルエンジンを搭載

 6月17日、トヨタはランドクルーザープラドを一部改良。同日、販売を開始した。

【関連記事】賛否両論の「観音開きドア」に長い歴史あり! どれもがレア車な採用国産車6台

プラド 今回の一部改良のトピックは、新開発2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内で初めて搭載したことだ。プラドにディーゼルエンジンが復活するのは、3代目となる前モデル120系が排ガス規制で2007年7月に廃止して以来のこととなる。

トヨタの新開発2.8L直4ディーゼルターボエンジン。新世代ディーゼルユニットだ
トヨタの新開発2.8L直4ディーゼルターボエンジン。新世代ディーゼルユニットだ

 これのエンジンは、次世代高断熱ディーゼル燃焼やターボチャージャーを併用し、450(45.9)/1600~2400rpmという低い回転域で高トルクを発揮。さらに低燃費・低排出ガスを実現し、JC08モード走行燃費11.8km/Lを達成する。
さらに、新開発の尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応したクリーンディーゼル車として「エコカー減税」の対象となる。さらに、「CEV補助金」(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)制度を利用した場合、最大約24万円が給付されるそうだ。

クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」諸元
総排気量(cc)2,754
最高出力(kW[PS]/rpm)130[177]/3,400
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)450[45.9]/1,600~2,400
燃料供給装置コモンレール式燃料噴射システム

 この新開発ディーゼルエンジンの登場により、4LV6エンジンは廃されガソリンエンジンは2.7直4のみとなるがトランスミッションを5速ATから6速ATへと変更している。

定員(人)エンジン駆動トランスミッション価格:単位円
(消費税込み)
TX2TR-FE
(2.7Lガソリン)
フルタイム
4WD
6 Super ECT3,349,963
3,504,109
“Lパッケージ”3,802,582
3,956,727
TX1GD-FTV
(2.8Lディーゼル)
3,964,582
“Lパッケージ”4,696,037
TZ-G5,133,927

画像ギャラリー