第3の「コペン」は丸目のレトロスタイル。“着せ替えクルマ”度がやっと本格化 (1/3ページ)

第3の「コペン」は丸目のレトロスタイル。“着せ替えクルマ”度がやっと本格化

■愛らしさと大胆さを融合する丸目レトロフォルム

 ダイハツの軽自動車オープン2シータースポーツ「コペン」に第3のモデルが登場した。
ベーシック仕様の「ローブ」、アグレッシブルなスタイルが特徴の「エクスプレイ」に続く第3のモデルは、ご存じのとおり丸目ヘッドライト&テールランプのレトロスタイル。一部の市場から先代モデルのような愛らしいスタイルへの需要にも対応している。

【関連記事】人気ジャンルに投入も鳴かず飛ばず! 後出しじゃんけんなのに「売れなかった」クルマ3選

4.コペン セロ フロント/リヤ

29.コペン セロ ロゴこの丸目のコペンの名称は「セロ」。セロ(CERO)とは、丸みのある意匠とDRESS-FORMATIONの始まりを表現すべく「Circle(円)」と「Zero(ゼロ)」からの造語だという。
「フレンドリー&ダイナミック エボリューション」をデザインコンセプトに親しみやすさと躍動感の融合。流れる雫のような一体感のあるデザインを採用。内装は水平基調のストレートフレームとすることでスポーティ感を演出する。

 コペン セロの価格は、CVTが185万2200円、5速MTは187万3800円。ローブやエクスプレイの179万8200円(CVT)、181万9800円(5速MT)より5万4000円高という設定だ。

着せ替えクルマとしての魅力が本格化

画像ギャラリー