荷室があってもワゴンとは呼ばないメルセデスCLAシューティングブレーク (1/2ページ)

荷室があってもワゴンとは呼ばないメルセデスCLAシューティングブレーク

ワゴンではない優雅さを表現するシューティングブレーク

近年、ハッチバックのAクラス、4ドアクーペのCLA、そしてSUVクラスにはGLAを用意するなど、コンパクトモデルの充実が目覚ましいメルセデス・ベンツ。その仕上げとも言うべきCLAシューティングブレークがついに発表となった。

ファッションブランド「HUGO BOSS」のFALL & WINTERコレクションのファッションショーと共に、CLAシューティングブレークの発表会は華やかに始まった。右はメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長
ファッションブランド「HUGO BOSS」のFALL & WINTERコレクションのファッションショーと共に、CLAシューティングブレークの発表会は華やかに始まった。右はメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長

CLAシューティングブレーク 4ドアクーペというCLAのスタイリッシュなフォルムを継承しながら、CLAシューティングブレークは広いラゲッジスペースをもつモデルだ。シューティングブレークは、1960年代のイギリスの貴族を始めとする富裕層が、余暇(狩猟)を楽しむため乗用車に広いラゲッジを特別に架装し、広く知られるようになった。実用性を優先するワゴンとは異なり、優雅なライフスタイルを代表するクルマでもある。CLAシューティングブレーク

 CLAシューティングブレークは、その名の通りリヤシートを倒すことなく495L(じつに500mlのペットボトル990本分!)のラゲッジ容量をもち、後席のバックレストを倒せばその収納能力は1354Lにまで及ぶ。さらにワンタッチ操作で自動開閉し、開口角度の調整も可能なEASY-PACK自動開閉テールゲートも採用している。日常の使い勝手に貢献してくれることはもちろん、ロングバケーションで大きな荷物を積むときも心強い。ちなみに後席のヘッドクリアランスはCLAより42mm拡大されていることもトピックのひとつだろう。

画像ギャラリー