アクセル・オン我慢大会!? 「Eco Car Cup 2015」参戦記 (1/2ページ)

アクセル・オン我慢大会!? 「Eco Car Cup 2015」参戦記

 6月13日、『富士スピードウェイ』で開催された「Eco Car Cup 2015」。WEBCARTOPではトヨタ・G’sアクアで「Challenge 180クラス」に参戦! 波乱万丈の展開に涙!?

【関連記事】500馬力のミラージュ! 2.5リッターターボのBRZ! 「なんでもアリ」の魔改造マシンが爆走する「ダートトライアル」が圧巻だった

エコカーカップ

 Eco Car Cupとは、富士スピードウェイが平成22(2010)年から開催している燃費競技で、速さと燃費の総合成績を争うレースだ。
順位と燃費にポイントが設定されており、一番ポイント加算が少なかったチームが勝つレギュレーション。今回参加した3時間耐久の「Challenge 180クラス」では、下記表のようにポイントが加算される。とにかく決勝でなるべく上位にランクインしつつ、燃費も良い成績を収めたチームが優勝するということだ。
本ルールの巧妙なところは、上限タイムが設定されているということ。3分15秒を3回以上切るとペナルティの対象なのだ。また最低でも50周を上回らないと加点対象!

 Challenge 180のポイント

順位1234567891011
予選0.40.40.40.40.40.70.70.70.70.71
レース1234567891011
燃費12.23.44.65.878.29.410.611.813
※ガソリン消費量が同一の場合は、同一ポイントとする。
※合計ポイントが同点の場合は、決勝レースの順位を優先する。
今回はG'sアクアで参戦。ノーマルと比べ走行性能がアップしており、エコカーカップ向けのグレード?
今回はG’sアクアで参戦。ノーマルと比べ走行性能がアップしており、エコカーカップ向けのグレード?

 参加可能な車両はハイブリッドカーとディーゼル、低燃費技術が施されているエコカーまでと幅広い(詳しくはhttp://www.japan-racing.jp/fsw/15/hv.html)。本レース主役のハイブリッドカーでは、チューニングが施された個体は「SHV(スーパーハイブリッド)」クラスとなり、厳密にクラス分けが行われている。今回WEBCARTOPは前述のとおりG’sアクアをチョイス。アクアは67台中16台もエントリーしており、実は激戦クラスなのだ。

 参戦メンバーは編集部鈴木&加藤と元弊社広告部員の山本晃司さん、特別ゲストとして『トヨタ自動車』広報部の本多誠之さんと有田啓介さんで挑戦。5人中2人は富士スピードウェイ初走行というメンバーの中、果たして!?

Challenge 180のペナルティ

項目ポイント具体例
ピットロード違反10ピットロードでのスピード超過や危険行為など
周回数不足10規定周回数に達せずチェッカーを受ける/1周につき
ピットイン回数違反10ピットインの回数が規定回数を満たない/1周につき
ラップタイム超過103分15秒を規定回数以上切ってしまった場合/1回違反につき。ラップタイム超過回避のためにコントロールライン手前での急減速などは「危険行為」となる
危険行為順位降格故意による極端な幅寄せや衝突など
マナー違反順位降格非スポーツマン的行為
メーターリセット順位降格計測中のメーターリセット
車両規定違反失格車両に対する規定違反

  

画像ギャラリー