【試乗】ホンダ・ジェイドRSの乗り味はシリーズ最高!?

【試乗】ホンダ・ジェイドRSの乗り味はシリーズ最高!?

■新世代ターボエンジン搭載の「RS」を
モータージャーナリスト中谷明彦が辛口レポート!

 鳴り物入りで登場した6人乗り3列シートの低全高ミニバンのホンダ・ジェイド。シビックベースの派生車ながらホンダらしい(?)個性的なパッケージングデザインが、新ジャンルのクルマとしてマスコミ陣からも高い評価を受けた。しかし実際のマーケットでは販売台数が伸び悩んでいるという。
そこでテコ入れというわけではないらしいが、魅力的なバリエーションが追加された。その名も「ジェイドRS」だ。メイン

「RS」というネーミングは初代シビックの頃からホンダ車にはたびたび採用されていて、現行のフィットにもRSがある。
走り好きとしては「タイプR」を思い浮かべて「レーシング・スポーツ」? と解釈したくなってしまうが本当のところは初代シビックのころから「ロード・セーリング」という意味で、走りが楽しいモデルという思いが込められているという。

1.5L直4ターボエンジンはステップワゴンが搭載する同ユニット。スペック値は同じだが、出足のトルク特性を強めたステップワゴンに対し、ジェイドRSはリニアなトルク特性としている。常用回転数が抑えられて静粛性にも優れ、かつ滑らかで力強い加速を実現した
1.5L直4ターボエンジンはステップワゴンが搭載する同ユニット。スペック値は同じだが、出足のトルク特性を強めたステップワゴンに対し、ジェイドRSはリニアなトルク特性としている。常用回転数が抑えられて静粛性にも優れ、かつ滑らかで力強い加速を実現した

 そんなジェイドRSのために新規採用されたのが、ダウンサイジングターボとして注目を集めているL15B型1.5L直4直噴ターボエンジンだ。そう、このエンジンは先頃発表された新型ステップワゴンに搭載されているのと同じ。スペックも変わりない。ただし、ジェイドはステップワゴンより190kg前後も軽く、1775mmと全高も低いので走りに貢献する度合いは相当高くなる。

 NA2.4Lエンジンに相当するといわれるエンジンの効果は、走らせてみればスグにわかる。従来はハイブリッド+7速DCTだったが、CVTとの組み合わせになったことで、低速でギクシャク感のあったドライバビリティは改善され、スムースかつ快適になった。

左が今回設定されたRS、右はハイブリッドモデル。グリルやヘッドライトなどにRS専用品が装着されるが、大きな違いはない。もともとスポーティなデザインが採用されているため、RSだからといってさらに尖ったキャラクターにはしていないという
左が今回設定されたRS、右はハイブリッドモデル。グリルやヘッドライトなどにRS専用品が装着されるが、大きな違いはない。もともとスポーティなデザインが採用されているため、RSだからといってさらに尖ったキャラクターにはしていないという

 サスペンション設定も見直されている。前後で剛性が15〜20%も高められたことでフラットな走行姿勢を維持しつつも、乗り心地や質感も向上している。
全体としてクルマのクオリティが高まった印象で、今度はハイブリッドの販売に影響が出ないか心配になってしまうくらいだ。

 動力性能で申し分ないパフォーマンスを手に入れたジェイドRS。加えて本来の魅力的な室内レイアウトと個性的なインテリアの演出が奏功し、改めて高い評価を得るのは間違いない。
エマージェンシーとしてもミニマムすぎる3列目シートには目をつむり、個性的な4+2シーターという新ジャンル車として地位を確かなものにしてもらいたい。

  

諸元表
車名 --- ---
グレード --- ---
全長×全幅×全高 (mm) ---×---×--- ---×---×---
ホイールベース (mm) --- ---
トレッド 前/後 (mm) ---/--- ---/---
車両重量 (kg) --- ---
パワーユニットタイプ --- ---
排気量 (cc) --- ---
最高出力 (kW[ps]/rpm) --- ---
最大トルク (Nm[kg-m]/rpm) --- ---
駆動方式 --- ---
トランスミッション
サスペンション 前/後 ---/--- ---/---
ブレーキ 前/後 ---/--- ---/---
タイヤサイズ 前/後 ---/--- ---/---
JC08モード燃費 (km/L) --- ---
価格 (万円・税込) --- ---

画像ギャラリー