【パイクスピーク2015】ついに電気自動車が総合優勝する日が来るか

【パイクスピーク2015】ついに電気自動車が総合優勝する日が来るか

 6月28日(日)に決勝を迎えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015。開催まで1カ月を切り、事前の練習走行会直前というタイミングだが、6月2日付の最新のエントリーリストが公開された。

 今年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参加するのは、4輪76台、2輪71台(5月末よりも1台減)。日本人のエントリーは以前ここで紹介した通り。エレクトリッククラスに参戦する田嶋伸博選手、そして2輪部門の電動バイクの岸本ヨシヒロ選手、サイドカーで挑戦している渡辺正人選手、カワサキのZ1000MkIIで参戦の新井泰緒選手。そして山野哲也選手となる。

 先日、具体的な参戦体制が発表されたモンスター田嶋こと田嶋伸博選手が参戦する電気自動車改造クラス(エレクトリック・モデファイドクラス)には、5台の参戦が予定されている。

Rhyes田嶋選手とともに同クラスで大注目なのが、リース・ミレン。レジェンドドライバー、ロッド・ミレンの息子である。ヒュンダイ・ジェネシスで挑戦した2012年 は総合優勝(King of the Mountainの称号を受けている)、2013年は9分2秒192という8分台目前の記録を持っている(2014年はフォーミュラ・ドリフト出場のため、欠場)。

2012eOそして、そのリースが乗るのが、ラトビアのDrive eOチームのマシンとなる。2013年の eO PP01は、レーシングマシンを利用した4モーターマシン。残念ながらコースアウト。

2013eO2年目となる2014年はモーター2基に40kWhのバッテリーを積んだ軽量なテスラ ロードYASAスターをベースにしたテスラ ロードスター360、というマシンでエントリー。12分57536、総合97位というあまりぱっとしない成績だった

 2回とも、ドライバーにはラトビアのプロドライバーであるヤニス・ホレリクス選手。この2014年のレース後「来年は4基のモーターを搭載した車両で参戦するということは決まっている。次は9分台を狙う」とコメントしていたのだが、ドライバーを変更しての挑戦となったようだ。

 今回のマシンは2015年式eO PP03。その詳細は不明だが、最大トルクは110N・m、最高出力507kW(680 hp)いうとんでもないマシンのようだ。リース・ミレンのオフィシャルページには、ここに掲載しているモーターの写真が掲載されている。YASAモーターを3基結合させたもので、これがフロントに搭載される。リアには別のユニットが搭載され、合計6モーターで駆動するという。

 パイクスピークを長年戦ってきたリースのドライブとの組み合わせとなれば、モンタジといいライバル対決になりそうだ。この2台は間違いなく今年の優勝候補に挙げられる。ついにEVによるオーバーオール(総合優勝)のタイミングがやってくる、かもしれない。

 エレクトリック・モデファイドクラスには、他にEntropy RacingのEVSRという車両が3台出場する。

rav4ev2そして、 電気自動車市販車クラスにも注目の名前がある。ライアン・ミレン選手だ。ライアン選手は、スコアシリーズやバハなどのオフロードレース、そしてCM等のドライバーとして活躍する。リース・ミレンの弟である。

 彼は、ゼッケン230の2014年式トヨタRAV4 EVで挑戦する。この車両は昨年TRD USAのシャシーエンジニアリング担当副社長のスティーブ・ウィッカムさんが乗った車両と思われる。

 パイクスピーク2015は、レーシング・ファミリー、ミレン家から2名がEVクラスに参戦することとなる。

画像ギャラリー