新型マツダ ロードスターのリセールバリューを大胆予想! (1/2ページ)

新型マツダ ロードスターのリセールバリューを大胆予想!

■ロードスターを6月上旬に契約すると納車は約2〜3カ月後

 ロードスターを買う時に気になるのは納期だろう。2015年6月上旬に販売店に尋ねたところ、グレードやオプション装備にかかわらず、契約してから2〜3か月で納車することが可能だ。

【関連記事】【試乗】マツダ3の「改良」に驚き! ハード面を変えずに「馬力」や「トルク」が変更されたマジックとは

ROADSTAR

搭載エンジンは1.5L直4のみ。最高出力96kW〈131ps〉/7000rpm、150N・m〈15.3kgf・m〉/4800rpmを発揮
搭載エンジンは1.5L直4のみ。最高出力96kW〈131ps〉/7000rpm、150N・m〈15.3kgf・m〉/4800rpmを発揮

 ただし5月下旬から6月上旬にかけて、各販売店にロードスターの試乗車が配車されている。運転感覚が重視されるスポーツカーの場合、多くのユーザーが試乗してから購入の判断をするため、これから受注台数が増えて納期が長引くことも考えられる。
新型ロードスターは、エンジンの排気量を1.5Lに抑えた。大半のユーザーが動力性能を入念にチェックしてから購入の判断をするため、納期には注意したい。

 ロードスターが設定する3つのグレードの販売構成比は、2015年5月20日の正式発表時点で、Sレザーパッケージが50%、Sスペシャルパッケージが40%、Sが10%であった。発売直後とあって上級グレードほど販売比率が高い。しばらく時間を経過すると、Sスペシャルパッケージがトップに立つ可能性もある。

新型ロードスターのリセールバリューを予測>>>>

画像ギャラリー