マツダ ロードスター公道試乗「原点回帰」の真実とは? (1/3ページ)

マツダ ロードスター公道試乗「原点回帰」の真実とは?

■「原点回帰」している新型車って?

 初代NA型ロードスターに、現役で乗った経験のないボクにとっては、新型ロードスターのキャッチフレーズのように使われるこの言葉には若干、違和感がある。

 そもそもスポーツカーの走りは、最新こそ最良であるべきだと思っているからだ。もちろん最良=速さじゃない。それでも、走りに関する先代モデルのネガティブな要素が解消され、プラスαのスパイスがあってほしいと思う。

【関連記事】「気を使う」んじゃ楽しくない! スポーツモデルなのに普段使いが「苦にならない」クルマ11選

ロードスター

 さらに原点回帰というのは、つまりNB→NC型という進化を否定することじゃないのか? CARトップはNC型ロードスターを購入して、編集部の愛車としてじっくり付き合ってきた経緯がある。つまり愛着があるのだ。それだけに「原点回帰」という言葉に“?”マークもつくし少し反発もおぼえる。

ロードスターは懐古主義なのか?

画像ギャラリー