滝川クリステルが新「おもてなし」を披露!?【シエンタ発表会】

滝川クリステルが新「おもてなし」を披露!?【シエンタ発表会】

■サッカーコロンビア代表ハメス・ロドリゲス選手が
シエンタのスポーツ性をCMでアピール

 トヨタ自動車は、7月9日にコンパクトミニバンである「シエンタ」のフルモデルチェンジを行い、都内で発表会を開催した。

 シエンタは、初代モデルが2003年にデビュー。3列シートを備える小型のミニバンモデルとしてファミリー層を中心に愛用されてきた。12年ぶりとなる新型モデルは、初の全面改良で、デザインはアクティブさを感じさせるスポーティなものへと一新。新たにハイブリッドモデルも設定するなど商品力が大幅に強化された。

 都内で開催された報道発表会では、新型シエンタのCMキャラクターを務める滝川クリステルさんが登場。開発を担当した粥川 宏チーフエンジニアと共に新型シエンタの魅力についてトークを行った。

左からデザイナーの郷 武志さん、滝川クリステルさん、ハメス・ロドリゲス選手、粥川宏チーフエンジニア
左からデザイナーの郷 武志さん、滝川クリステルさん、ハメス・ロドリゲス選手、粥川宏チーフエンジニア

 ロングセラーだったシエンタのフルモデルチェンジに際して、特に力を入れた点について、粥川 宏チーフエンジニアは、先代モデルのユーザーに支持されてきた室内の広さと使い勝手はこれまで以上に高め、時代要請でもある環境性能も一歩先を見据えたものに仕上げるなど、ファンの期待を超えるものを目指したという。

 これに対して、滝川さんも「女性は荷物が多くなりがちなので、シエンタの広さや使い勝手は私たちには助かります」と、女性にとって優しいクルマであることを紹介。またワンタッチで開閉可能な電動スライドドアやフロアの低さにも注目し、高齢者から子ども、ペットに至るまで誰もが楽に乗降できる点に感心していた。

シエンタのCMは、滝川クリステルさんとハメス・ロドリゲス選手が共演。CMのキーワードはスポーツ
シエンタのCMは、滝川クリステルさんとハメス・ロドリゲス選手が共演。CMのキーワードはスポーツ

 発表会後半には、CMで共演したサッカーコロンビア代表として活躍するハメス・ロドリゲス選手がサプライズ登場し、会場は大いに沸いた。CM撮影時の苦労話を問われると、ロドリゲス選手は、「特になかったけど、ボールを扱うシーンがもっとあれば良かったな」と余裕のコメント。これに対して、滝川さんは「演技を求められたことが、難しかった」と話し、普段の仕事とは異なる苦労があった様子。

 さらにロドリゲス選手は、自身も子供をもつ父親として、これだけ広々したクルマだと一緒に乗る家族にも喜んで貰えるはずと新型シエンタの感想を述べた。

 ふたりが出演したCMは3パターンが用意されており、本日より全国でオンエアされ、シエンタがスポーツバックのような利便性を持つ楽しいクルマに仕上げられていることをアピールしていくとのことだ。
 

画像ギャラリー