追い越し車線”連続走行”は「反則金6000円」

追い越し車線”連続走行”は「反則金6000円」

■追い越し車線連続走行は通行帯違反
マナーではなくルールです!

 高速道路で、走行車線はガラガラで空いているのに、漫然と追い越し車線を走行し続けているクルマを見たことはありませんか?
じつは、このような行為は道路交通法違反です。
たとえ制限速度で走行していても、追い越しが終了して走行車線に戻れる状況にもかかわらず、追い越し車線を継続走行すると道交法第20条の「通行帯違反」の取締対象となります。ちなみに反則金は6000円(普通車・二輪車)、1点の減点です。

走行車線に戻れるのに、追い越し車線を走り続けるのは「通行帯違反」
走行車線に戻れるのに、追い越し車線を走り続けるのは「通行帯違反」

 高速道路の追い越し車線は、「追い越しをするとき」、「緊急自動車に道を譲るとき」、「道路状況その他のやむ得ないとき」に限って走行できます。つまり、それ以外での走行は違反行為となるわけです。ただ、取り締まるか否かは、現場の警察官の個別判断になります。
そのような理由からか、走行車線が空いているのに、追い越し車線を数珠つなぎ状態で走行の車両を取り締まっていることは見たことはありません。

走行車線を制限速度で走行していると、追い越し車線を走行し続けるクルマに追いついてしまった。左側車線からの追い抜きは危険。このような状況を作り出しているのが、通行帯違反をしている車両だ
走行車線を制限速度で走行していると、追い越し車線を走行し続けるクルマに追いついてしまった。左側車線からの追い抜きは危険。このような状況を作り出しているのが、通行帯違反をしている車両だ

 とはいえ、平成26年交通安全白書によると、平成25年の高速道路における交通取締件数は、最高速度違反が42万7493件(違反件数の68.4%)でトップ。通行帯違反は8万5299件(同13.6%)の2位と上位にランクイン(その他の違反は9万852件)。
平成24年と比べるとその件数は約2200件(2.7%)増加している。これは違反者が多いのか、取締を強化しているのは公表されていないが、少なくとも追い越し車線を走り続けているクルマが多いことには間違いない。
ちなみに経験則や取り締まられた周囲の人の情報によると、追い越し車線を2km以上走行し続けると取り締りの対象となるようです。

 これからのレジャーシーズンはクルマで外出する人が増えますが、「追い越しが終了したら、すみやかに走行車線に戻る」はルールであると同時に、なにより円滑なクルマの流れを作るためにもマナーとしても心掛けてほしいと思います。

画像ギャラリー